妊娠中の塗り薬は赤ちゃんに影響はないの?妊娠中の肌トラブル対処法!
193views

妊娠中の塗り薬は赤ちゃんに影響はないの?妊娠中の肌トラブル対処法!

妊娠中の塗り薬はお腹の中にいる赤ちゃんに悪影響を与えるのでは?こんな不安を抱えているママも多いはずです。妊娠中は薬の服用が望ましくないと言われているため、塗り薬の影響も気になりますよね。そんなママ必見!塗り薬以外の肌トラブル対処法はこちらです。

妊娠中は肌トラブルが起こりやすい!

かゆみ・湿疹・乾燥

かゆみ・湿疹・乾燥妊娠中は様々な体の変化が表れますが、肌の変化もそのうちの1つです。特に多いのが、かゆみや湿疹です。妊娠中は普段よりも汗をかきやすいため、特に気温が高い季節は蒸れが気になります。このような原因から、妊娠中の肌はかゆみや湿疹が表れやすいと言われています。

その一方で、妊娠中の肌は乾燥しやすいとも言われています。前述したように妊娠中は汗をかきやすいのですが、男性ホルモンの分泌が少なくなることによって乾燥してしまいます。かゆみや湿疹は、乾燥することによって更に症状が悪化します。

妊娠中はニキビが出来やすい

妊娠中はニキビが出来やすい妊娠中の肌トラブルの代表とも言えるのが、ニキビです。妊娠中にニキビが出来やすくなる原因には、ホルモンバランスが関係しています。妊娠すると、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの分泌量が増えます。これにより皮脂も多く分泌され、毛穴に詰まりやすくなってしまいます。その結果、肌が炎症を起こしてニキビとなります。また、妊娠初期はつわりによってニキビが出来やすくなります。つわりの期間中はバランスの良い食事を摂ることが難しく、どうしても栄養が偏りがちです。これによって肌の状態が悪化し、ニキビが出来てしまいます。

前述したように妊娠初期はバランスの良い食事ができないことに加えて、運動不足にもなりやすいのです。このようなことから引き起こされるのが便秘です。妊婦の多くが悩まされているほど、便秘はポピュラーな悩みと言えるでしょう。このような便秘もニキビの原因となります。他にも、妊娠による生活の変化でストレスを感じることによってニキビが出来ることもあります。

妊娠中の塗り薬は危険?

妊娠中は薬の服用に注意!

妊娠中は薬の服用に注意!妊娠が分かったら気を付けなければならないことはいくつかありますが、そのうちの1つが薬の服用です。特に自己判断による市販薬の服用は絶対に避けましょう。薬を服用する場合は、必ずかかりつけの産婦人科医に相談することが大切です。では、妊娠中の塗り薬はお腹の中にいる赤ちゃんに影響を与えることは無いのでしょうか?

妊娠中の塗り薬は、多用しなければお腹の赤ちゃんへの影響は心配ないと言われています。しかし、妊娠中はママの肌がとってもデリケートな状態になるため、塗り薬によって肌荒れが起きることも考えられます。そのため、市販薬の使用は避け、皮膚科で妊娠していることを告げて塗り薬を処方してもらいましょう。皮膚科によっては妊娠している場合は薬が処方されないこともあるようです。

妊娠中の肌トラブルの対処法

妊娠中のニキビの対処法は、なるべくバランスの良い食事を心がけることが重要です。つわりの間は難しいかも知れませんが、安定期に入って症状が落ち着いて来たら食事のバランスを意識してみましょう。また、安定期に入ったら医師と相談のうえ軽い運動を始めましょう。運動をすることで便秘が解消され、ニキビの改善にも繋がります。スキンケアでは、なるべく肌に負担の掛からない低刺激の基礎化粧品を使うことをおすすめします。可能であればメイクを控えることも効果的です。

紫外線対策も怠ってはいけません妊娠中は紫外線対策も怠ってはいけません。紫外線を浴びることによって肌が乾燥しやすくなってしまいます。妊娠中の肌は紫外線の影響を受けやすいため、少しの外出でもしっかりと紫外線対策をしましょう。

PR