どうして起こるの?妊娠中の耳鳴りについて知ろう!
193views

どうして起こるの?妊娠中の耳鳴りについて知ろう!

妊娠中の耳鳴りに悩まされているという妊婦さんはいませんか?つわりを始めとして体にさまざまな症状を引き起こす妊娠ですが、その中の一つがこの耳鳴りです。軽い症状であればそこまで気にならないかもしれませんが、頻繁に起これば気になってくることでしょう。

妊娠中の耳鳴りの原因とは?

妊娠中の耳鳴りの原因とは?これまではとくに起こったことが無かったのに、妊娠した後から突然耳鳴りの症状が現れるようになる方もいるようです。この耳鳴りの症状はなぜ起こるのでしょうか?まずは、原因から探っていきましょう。

血行が悪くなっている

妊娠中には体内の環境が大きく変化するものですが、それによって、耳周辺の血行が悪くなり、耳鳴りを引き起こすと考えられています。とくに、内耳は脳の近くにあるといったことから、この内耳辺りの血行が悪くなると耳鳴りを引き起こしやすくなります。さらには、耳だけでなく、目や鼻の血行が悪いことも原因の一つです。

ストレスによるもの

ストレスによるものストレスも耳鳴りの原因の一つです。妊婦さんは、体力的にも精神的にも大きなストレスを抱えます。今までできていたことができなくなってしまうというもどかしさから来るストレスや、食生活の変化によるストレス、つわりの症状が悪化することによるストレス、なんとなく気持ちが落ち込んでしまうといった精神的なストレス、さらには睡眠不足によるストレスなど、さまざまなことが起因となるでしょう。

ストレスを抱えると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。これが血行の流れを悪くすることにもつながります。

耳鳴りの悪化は危険

耳鳴りなんて大したことない、気にしなければ良いだけの話、と思う方もいることでしょう。しかし、症状が悪化すると、耳が聞こえづらくなってしまうなどの障害を引き起こす可能性もあります。耳鳴りがひどいと思ったら放置せずに、早めの対策を打つことが大切なのです。

耳鳴りが辛かったら対策を!

妊娠中の耳鳴りの原因は、ほとんどが耳周辺の血行不良やストレスによるものです。反対に言えば、これらを解消させることで症状が改善することがほとんどです。まずは、これらを改善するための対策を考えてみましょう。

血行を良くする方法

耳の血行を良くするためには、ストレッチを取り入れるのがおすすめです。頭の方に血液がうまく流れていかないことで血行不良になってしまう可能性がありますので、まっすぐな姿勢で立ったまま体を前に倒し、頭を思い切り下げてみましょう。体が硬い人はできるところまでで構いませんが、できるだけ下の方にグイッと下ろしてあげましょう。こうすることで血液が耳の方まで行き渡ります。いつでもできるので、家事の合間やお風呂から出た後など、空いた時間を使ってやってみましょう。

また、1日中立ちっぱなしという方は、時々ソファーやベッドに横になって休憩の時間をとる、という事も大切です。

ストレスを解消するために

休息を挟むよう心がけましょうつい張り切り過ぎてしまう方もいるかもしれませんが、ちゃんと休息を挟むよう心がけましょう。

どんな人であってもストレスを一切抱えずに生きていくことは無理なものです。普通に暮らしていれば、ちょっとしたことがつい気になってしまったり、色々なことを考えなければ、やらなければ、という思いに駆られてどんどんストレスが積み重なってしまうことでしょう。

しかし、こうしてストレスを重ねていくことは悪循環にしかなりません。不満を抱えながら何かをやり続ければ、そのことが嫌になってしまうでしょう。やりたくないのにやらなければいけないと思えば思うほど、ストレスが溜まってしまうのです。そんな時は、ちょっと息抜きの時間を作りましょう。

毎日100%の力で頑張り続ける必要はありません。妊婦さんは頑張ることよりも、自分の体を第一に考えてあげることが何よりも大切なのです。1週間に1日くらいはお休みの日を作ってあげるのも良いでしょう。食事は簡単に作れるものにするかお惣菜で済ませる、掃除はお休みにする、洗濯はコインランドリーを利用してみるなど、手を抜く方法を知っていれば気持ちも軽くなるはずです。

耳鳴りを解消して健康的に!

耳鳴りを解消して健康的に!周りの環境によって心に変化も生まれやすい妊娠。体も心も繊細ですから、ちょっとしたことですらストレスに感じてしまうかもしれません。しかし、ストレスを抱えれば耳鳴りの症状も悪化してしまいますし、それがまたストレスになってより症状が悪化してしまう可能性も考えられます。症状を改善させるためにも、できるだけ気軽な気持ちで過ごすように心がけましょう。

PR