妊娠中の脇汗対策はこれがおすすめ!妊婦の悩みを解決します
536views

妊娠中の脇汗対策はこれがおすすめ!妊婦の悩みを解決します

みなさんは妊娠中の脇汗対策としてどのようなことを行っていますか?妊娠したらこれまで以上に脇汗をかくようになった、臭いが気になるようになったという人が多いようです。特に、気温の高い夏は脇汗対策が必須です。妊娠中のストレスを軽減するためにも、紹介する脇汗対策をぜひ試してみてください。

妊娠中は汗をかきやすくなるって本当?

妊娠中は脇汗が気になる!

妊娠中は脇汗が気になる!妊娠すると女性の体には様々な変化が表れます。そのうちの1つが、汗をかきやすくなる点です。妊娠したことがある人であれば経験があると思いますが、妊娠中は普段よりも体温が高くポカポカします。体内で新陳代謝が活発になっている状態ですので、どうしても汗をかきやすくなってしまうのです。

更に、妊娠後期になるにつれてどんどんお腹が大きくなっていきます。もちろん、胎児の成長に伴ってお腹が大きくなっているのですが、それと同時に妊婦の体には胎児を守るための脂肪が付きます。妊娠前よりも脂肪が増えることからも、妊娠中は汗をかきやすくなるようです。

特に気温の高い夏は妊婦にとって酷な季節とも言えます。妊娠していることでただでさえ普段よりも汗をかきやすい状態なのに、気温が高かったら更に汗の量は増えます。そのため、夏は脇汗対策を徹底する必要があります。

妊娠中の脇汗はストレスの原因

妊娠中の脇汗はストレスの原因妊娠中に脇汗を多くかくことで困るのが、脇の汗染みですよね。汗染みが気になって腕を上げられない…なんて経験をしたことがある人も多いはずです。妊娠中はお腹が大きくなるにつれて着れる服も限られてきます。そのうえ汗染みが目立たない色の服を選ばなければならず、更に服のバリエーションは少なくなってしまいますよね。このように、妊娠中の脇汗は妊婦にとって大きなストレスになります。

妊娠中に脇汗をかきやすくなることで困るのは汗染みだけではありません。人によっては、脇の臭いが気になる人もいるようです。妊娠中は汗をかきやすくなることから、脇の臭いも強くなりがちです。しかし、脇の臭いは汗の臭いではありません。汗を放置して菌が繁殖した臭いなのです。そのため、汗を放置せずにこまめに拭き取ることで脇の臭いを軽減することができるかと思います。

妊娠中の脇汗対策を紹介!

汗対策アイテムを利用する

汗対策アイテムを利用する脇汗対策アイテムの代表とも言えるのが、制汗剤です。制汗剤は持ち運ぶことができるため、夏の季節はぜひバックに入れておきましょう。脇汗が気になったらその場で簡単に対策をすることができます。また、制汗剤は脇汗予防としても効果的です。外出する前に制汗剤を使うことで、不快な脇の臭いを軽減することができます。妊娠中に制汗剤を使って大丈夫?と心配をする人も多いようですが、特に問題はありません。

妊娠中の脇汗対策アイテムとしてベビーパウダーもおすすめです。ベビーパウダーは特に脇汗予防に効果があります。外出前に脇に軽くはたきましょう。ベビーパウダーはその名の通り赤ちゃんのために作られています。赤ちゃんのために作られているということは肌にやさしい成分でできているということですので、肌がデリケートになりがちな妊娠中でも安心して使えるのが嬉しい点ですね。

妊娠中は蒸しタオルを使った脇汗対策もおすすめです。方法は簡単で、脇汗をかいたら蒸しタオルを当てるだけです。蒸しタオルで温めることで毛穴に詰まった皮脂汚れや汗を除去することができます。暑い夏に熱い蒸しタオルを脇に当てるなんて気が進みませんが、意外と効果があることで注目されています。ぜひ試してみてください。

PR