危険な妊娠中の脱水症状は「妊娠悪阻」の初期症状?
222views

危険な妊娠中の脱水症状は「妊娠悪阻」の初期症状?

妊娠中の脱水症状は、妊婦やお腹の赤ちゃんにとって危険な状態です。嘔吐や頻尿、代謝の影響で常に水分が奪われている状態の母体に十分な水分が行きわたらない場合はどのような影響があるのか、妊娠悪阻の初期症状とも言われている脱水症状の原因と対処法についてまとめました。

妊娠は病気じゃないけど、つわりはひどいと病気になる?

大切なのは二人分の水分

大切なのは二人分の水分妊娠すると、吐いたり、代謝の影響で汗をかいたり、つわりの影響で色々な症状が出ますが、どれも水分を外に排出する作業が行われています。
赤ちゃんは、お腹の中で栄養を吸収するためにたくさん代謝をしているので、お母さんは二人分の代謝を促すための水分補給が必要になり、妊娠中は常に喉の渇きを感じているという女性も多いようです。
水分をたくさん摂って身体の代謝を良くすることで、体内を健康に保つことができます。

水が臭い、飲めない場合は

つわりの中には、においに敏感になったり、味覚が変化したり、唾液がまずくなったりするものがあります。
どれも水分を摂ることに対して億劫になってしまう症状なので、今まで飲んでいたはずの水が飲めなくなってしまうこともあり、脱水症状につながりかねません。
レモン水やミント水など、できるだけ口の中がさっぱりするような水をつくるか、ウォーターサーバーを利用するのも一つの手です。フルーツなどの食事からでも水分は取ることができます。

水も食事も受け付けない人は注意

水も食事も受け付けない人は注意水がまずくて飲めない、食事をしても吐いてしまう妊婦さんは要注意です。
長い期間この状態が続くと身体に栄養や水分が行き届かない状態になってしますので、赤ちゃんだけでなく、母体も危険な状態になってしまいます。
「ただのつわりだろう」と油断していると「妊娠悪阻」という病気になるまで重症化し、場合によっては入院が必要になるケースに繋がりますので、一度検査されることをお勧めします。

妊娠中の脱水症状を防ぐためにできること

ただのつわりではない妊娠悪阻

妊娠中の脱水症状は「妊娠悪阻」の初期症状の一つです。嘔吐などの影響で食事や水分を全くとることができないため、口や舌が乾いたり、肌が明らかに水分を失い、尿の量も減り、急に体重が減った場合は危険です。妊娠悪阻はただのつわりではなく、保険が適用される病気です。
嘔吐に加え、吐血、血圧や心拍の低下、発熱などの症状、最悪の場合は頭痛やめまい、視力障害などの脳神経症状が現れます。
「ただのつわり」と軽視していると母体に取り返しのつかない影響が出てしまうケースもあります。

水分を摂る工夫を

水分を摂る工夫をレモン水やミント水、梅水、スポーツドリンクを少しずつ舐めるように飲んだり、「これなら大丈夫」と思える物を試してみて下さい。
どうしても水を飲むのも辛い場合は、氷を少しずつ口の中で溶かすだけでも効果はあります。
よだれづわりの方は、大きな氷だと唾液腺が刺激されて余計によだれが出てしまうことがありますので、小さく砕いた氷を少しずつ口にすると食べやすくなります。
中には炭酸を飲むと胃がスッキリすることもあるので、カフェインや糖質の含まれていない炭酸を選ぶようにしましょう。

20週目頃から水分補給を増やす

妊娠からおよそ20週目あたりになると急激に赤ちゃんが成長し、胎動を感じるようになります。赤ちゃんは積極的に動くようになり、お腹の中で代謝を繰り返します。古い羊水と新しい羊水が入れ替わるので、赤ちゃんは清潔な状態の羊水の中で過ごすことができます。
羊水を交換する頻度が高くなると、これまでより水分が必要になってきますので、どんどん水分を補給し、代謝を促してください。

水分を摂りすぎない

水分を摂りすぎない「言ってることが違うじゃないか!」と思うかもしれませんが、水分は摂取しすぎても体が冷えたり水中毒になってしまう場合もあります。妊娠中とはいえ、2リットルのペットボトルを2本も3本も飲むようになると危険です。
きちんと代謝して尿や汗として排出されているなら問題ないかもしれませんが、適切に排出されない不要な水分は「むくみ」に繋がってしまいます。
脱水症状は、いつもと同じ量の水も飲めないことが危険な状態なので、水分不足を解消するなら「いつもより少し多めの水分を摂るように意識する」程度で十分です。

PR