妊娠糖尿病の食事療法のポイントは?妊娠糖尿病の危険性や糖尿病との違い
173views

妊娠糖尿病の食事療法のポイントは?妊娠糖尿病の危険性や糖尿病との違い

妊娠糖尿病の食事療法は糖尿病の食事療法とは違います。というのも、妊娠糖尿病は糖尿病とは別物のためです。必要な糖質をきちんととる血糖値の目標数値設定が必要になります。ここでは妊娠糖尿病の食事療法のポイントや原因、糖尿病との違いなどを説明します。

妊娠糖尿病にかかる人が増えている

妊娠糖尿病の増加

最近妊娠糖尿病にかかる妊婦さんが増えており、8人に1人はそうであるといわれています。もともと妊娠中は胎盤から分泌されるホルモンの影響で血糖値があがりやすくなっており、これは胎児へ優先して栄養分が届けるための仕組みです。しかし、現代の高カロリーな食生活が関係して必要以上に血糖値があがってしまいます。

妊娠糖尿病とは?

症状と原因

妊娠前は糖尿病ではなかった人でもかかる可能性があるのが妊娠糖尿病。遺伝的に糖尿病の因子がある人はかかる可能性が高くなります。血糖値が上がりすぎることが問題でそれを防ぎ、血糖値の急上昇や急下降も防ぐことが必要です。

治療法

妊娠糖尿病の食事療法と運動療法、インスリン投与によって治療が行われます。飲み薬は妊娠中のため胎児への影響を考え行われません。まず食事療法と運動療法をし、あまり成果が見られない時にはインスリン治療が行われます。

合併症の危険性

妊娠糖尿病の症状

胎児への影響として、早産・巨大児になり難産・羊水過多などがあり、妊婦さん自身への影響として網膜症・腎症・神経障害などがあります。糖質が胎児に大量に送られることで巨大児になると帝王切開になる確率も上昇することに。出産時、産道の裂傷や骨折の危険性も出てきます。

糖尿病とは別物

妊娠糖尿病と糖尿病の違い

妊娠糖尿病は、医師の中には知識不足の人もおり一般的な糖尿病と同じようにとらえていることがあります。その場合、糖尿病患者と同様の目標数値に設定されるため気づくきっかけになるでしょう。
糖尿病と違い、妊娠糖尿病はむやみに糖質をとることを制限すると胎児の成長に影響が出るだけでなく、妊婦さん自身の栄養不足にもなりかねません。そのため、妊娠糖尿病では別の数値目標を設定することが必要です。
もし無理に糖質を制限すると、体が飢餓状態になり細胞へ栄養を送るために「ケトン体」が作り出され、ケトン体は胎児にとって精神成長に影響を及ぼすものの一つであり、IQが少し下がるとも言われています。

妊娠糖尿病の食事のポイント

6割食

朝昼夜に必要な糖質を摂取すると血糖値があがりやすい場合は、一食分の糖質を半分にして残りを2時間たってからとるという方法をとります。この方法で変化が見られない場合にはインスリン治療を行うことに。

GIの低い食品を選ぶ

妊娠糖尿病の食事

「GI」とはグリセミック・インデックスの略称で、食後の血糖値があがる速さを計った値のこと。低GI食品を上手に取り入れて血糖値の上がりすぎなどを防ぎます。
低GI食品は、パスタ・春雨ヌードル・ゆで卵・納豆・レタスサラダなど。飲み物は日本茶がおすすめです。デザートやおやつではプレーンヨーグルトが最もGI値が低く、その次にゼリーがあります。

メニューのうち野菜から食べる

その時のメニューのうち、まず野菜のものから食べます。そしてメインのおかず、最後に主食の順番で食べると血糖値の上昇がゆるやかに。野菜のものだけを食べ続けることが辛いときは半分くらい食べたあとメインを半分食べるようにすると食事がしやすくなります。

よくかむ習慣をつける

一気に食べると血糖値の急上昇を招く恐れがあるため、食事は少しずつ良くかんで食べましょう。よくかむ習慣がつけば満腹感が得やすくなり、食べすぎの心配を防げます。

PR