赤ちゃんに影響がある?出産に影響はある?妊娠後期のカンジダ膣炎について
198views

赤ちゃんに影響がある?出産に影響はある?妊娠後期のカンジダ膣炎について

妊娠すると免疫が低下したり、体力が低下したりして、いつもと違った病気になってしまうことってありますね。そんな妊娠中のトラブルのなかで多いのがカンジタ膣炎。いつもよりも痒みがあったり、いつもより違ったオリモノがあった場合には、気をつけて!今回は、その中でも妊娠後期のカンジダ膣炎についてまとめました。

妊娠中は比較的なりやすいカンジタ膣炎

妊娠中のカンジダ膣炎

妊娠中は、免疫力が低下してしまったりすることで、多くのトラブルを抱えてしまうことがあります。カンジタ膣炎は、妊娠中の月齢など関係なく、常に抱えるトラブルの一つです。今回は、妊娠後期のカンジダ膣炎について、赤ちゃんへの影響などをまとめました。

カンジダ膣炎はどういった病気なの?

カンジダ膣炎とは、人間に存在している常在菌のひとつが人間の免疫力の低下やホルモンバランスの影響によって大量に発生してしまったことによって、ヨーグルトのカスのような真っ白なオリモノと痒みを伴う病気です。実際にはカビの一つであり、ものすごい痒みを伴って、妊婦さんにとってはストレスとなってしまいます。

どうして妊娠中に起こりやすくなるの?

カンジダ膣炎自体は、妊娠中かどうかに関わらず、どんな女性でも患うことがある病気です。ただし、なぜ妊娠中に発生するのかと言われると、このカンジダ膣炎の原因であるカンジダ真菌が発生しやすい状況になっていることが原因です。普段であれば、膣の中は酸性に保たれているために、カンジダ真菌をはじめ、様々な細菌の繁殖を抑えているのにも関わらず、妊娠中になるとホルモンバランスの崩れから、その酸性がアルカリ性に変化することによってカンジダ膣炎となりやすくなってしまうのです。

カンジダ膣炎の治療法は?

妊娠中のカンジダ膣炎

カンジダ膣炎は、診断されたら、抗生物質のような薬を患部に塗る、あるいは膣の中に錠剤の薬を入れて、このカンジダ真菌を減らすことによって治療できます。実際には、生まれる前であれば、このような方法で基本的には完治する方向になります。

妊娠後期のカンジダ膣炎について。赤ちゃんへの影響

妊娠後期のカンジダ膣炎の赤ちゃんへの影響

それでは、具体的に妊娠後期のカンジダ膣炎の場合はどのようになるでしょうか?また、もしも、出産前までに完治しなかった場合に赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか?

赤ちゃんが生まれる前のカンジダ膣炎

妊娠後期のカンジダ膣炎で、まだ赤ちゃんがお腹の中にいる場合に、カンジダ膣炎によって胎児に何かしらの影響を及ぼすことはありません。基本的にオリモノに異常があること、そして、痒みが伴うこと以外では胎児に影響があったり、早産を引き起こすということもあまりありません。

カンジダ膣炎を完治せずに出産したら?

一方で、出産の時にカンジダ膣炎であった場合には、少し気をつけなければなりません。と言うのは、カンジダ膣炎を引き起こすカンジダ真菌が、産道を通過して生まれてくる赤ちゃんに産道感染してしまい、その結果、病気を引き起こしてしまうからです。このカンジダ真菌が、赤ちゃんに鵞口瘡(がこうそう)と言う病気を引き起こしてしまうことがあります。また、カンジダ真菌が原因でおむつかぶれなどになりやすい皮膚炎を発症させてしまうこともあります。鵞口瘡(がこうそう)の場合、赤ちゃんの舌や口の粘膜に、このカビが増殖し、白い苔状のカスを発生させてしまうのです。

治療法はあるので安心を!

産道感染で鵞口瘡(がこうそう)などの病気になったとしても、これらの病気は赤ちゃんの生死に影響がでるほどにはなりません。基本的には、診断された後に投与した薬でほぼ回復することが出来ますので、そこまで心配することはありませんのでご安心ください。

PR