妊娠中のカンジダ治療は放っておかないで!放置で早産や新生児感染も!?
1,771views

妊娠中のカンジダ治療は放っておかないで!放置で早産や新生児感染も!?

妊娠中の異常な外陰部の痒みとおりもの、もしかしたらカンジダ膣炎かもしれません。妊婦はカンジダ膣炎にかかりやすく、また、放っておくと大切な赤ちゃんに影響が出る危険性もあります。妊娠中のカンジダ治療は専門の医療機関に任せましょう。

妊娠中にアソコがかゆーい!

妊娠中にアソコがかゆーい!ちょっと言いにくいことですが、妊娠中に陰部が痒くなるのはよくある症状です。妊娠中のお肌はデリケート。ちょっとしたことで我慢できない痒みが発生することは珍しくありません。
でも、我慢できない陰部のかゆみやおりものの異常には注意が必要です。何かに感染して痒みが発生している可能性があるからです。

妊娠中の陰部の痒み、放置や自己判断はやめて!

妊娠中の陰部の痒みにはカンジダ膣炎やかぶれ、トリコモナスなどの性感染症などさまざまな原因があります。
妊娠中の痒みは「よくある症状だから」とか、「恥ずかしいから」と放置するのはやめてください。
細菌性膣炎やトリコモナス感染症の場合は早産をきたす恐れがあり、カンジタ膣炎やヘルペスの場合は分娩するときに赤ちゃんに感染してしまう危険性があります。

妊娠中に多いカンジダ膣炎

カッテージチーズ状といわれる白いポロポロと崩れるおりものが出ますカンジダ膣炎は膣炎の中でも多い病気で、妊娠中によく発生します。
よくある症状は外陰部の強い痒みと、カッテージチーズ状といわれる白いポロポロと崩れるおりものです。
カンジダ膣炎の原因は真菌、つまりカビで、普段は常在菌として特に悪影響はありません。ほとんどは性感染ではなく、膣内や腸、外部にいる真菌に感染することで起こります。
妊娠中に体力や免疫力が低下したり、膣の酸度が下がったり、体温が上がることで増殖してしまい普段よりかかりやすくなるのです。

カンジダは赤ちゃんに影響する?

カンジダ膣炎が胎児に感染して、先天性異常を引き起こしたり、直接的に流産の原因になることはありません。
しかし、放っておくとごくまれに羊膜絨毛膜炎といって羊膜にまで炎症が起こって早産の原因になってしまうことがあります。
また、出産のときに赤ちゃんがカンジダに感染して、鵞口瘡や皮膚炎といった病気になる危険性があります。

妊娠中のカンジダ治療は

陰部が痒いときは早めに産婦人科に相談しましょうカンジダ膣炎の治療では、抗真菌効果のある膣剤を挿入することがほとんどです。妊娠中のカンジダ治療でも治療法はあまり変わりません。妊娠中に薬?と考えると少し怖く感じますが、これらの薬は妊娠中でも胎児に悪影響はほとんど考えられません。それより、カンジダ膣炎による新生児への感染や、羊膜絨毛膜炎による早産の方がよほど危険です。
カンジダは放っておくと治ってしまうことも多く、治しても再発してしまうことも多いのでつい放っておきたくなりますが、陰部が痒いときは早めに産婦人科に相談しましょう。

妊娠中のカンジダ膣炎、自分で治せない?

自力で妊娠中のカンジダ治療をすることはできるのでしょうか。
カンジダは常在菌のバランスが崩れて悪さをする病気ですから、体調を整えることで自然に治ってしまうケースも少なくありません。しかし、カンジダ以外の病気の可能性もありますし、大切な胎児を抱えているときに自然に治るのを期待するという博打を打つことはおすすめできません。ただ、カンジダをサインと捉えて、治療に平行して睡眠や疲労などの生活を改善することは良いことでしょう。
市販のかゆみ止めはカンジダ膣炎にはあまり効果がありません。また、妊婦に使用してはいけません。
カンジダ膣炎用の市販の錠剤もありますが、妊婦への使用は禁忌とされています。

PR