妊娠中のダイエットはドクターとよく相談して行いましょう!
42views

妊娠中のダイエットはドクターとよく相談して行いましょう!

妊娠中のダイエットが必要な方もいれば、反対にある程度体重を増やさなければならないという方もいます。もともと肥満体質の方は体重をあまり増やすと、出産が困難になってしまいます。反対に痩せ体質の場合の方は、ある程度太る必要があります。自己判断せずにドクターと相談しながら行いましょう。

妊娠中のダイエットは医師と相談が基本です

妊娠中のダイエット

妊娠中の体重増加はどこまで許されるの?

妊娠中の体重増加はどこまで許されるのでしょうか。その答えは、約7キロから8キロぐらいまでとされています。非妊娠時の体重が50キロの方であれば、臨月まで57キロから58キロまで太ることができます。お腹の中にいる赤ちゃんは臨月まで約3キロから3.5キロ近くまで成長していきます。胎盤の重さが約600グラムで、羊水は900グラム、血液が1.5キロぐらい、胸や子宮につく皮下脂肪分が2キロ近くまで太ることができるという計算になります。しかしこれは標準体重の方の場合です。とても痩せている女性の場合だと、あまり痩せていると、出産時に体力を使う点や、赤ちゃんに十分な栄養分がまわらないため、12キロぐらいまで太ることができます。逆にかなり肥満の方の場合だと、妊娠中は5キロまでしか太ることができません。

肥満型妊婦の危険性について

妊娠中のダイエットを必要とする肥満型妊婦の危険性

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養をあげるため、普段よりもたくさん食べていいのではないかと思う方もいるのではないでしょうか。確かに、通常の食事量よりも多くの栄養分を取る必要があるのですが、その量に注意をしなければなりません。もともと妊娠する前から太っている妊婦さんの場合だと、標準体重の妊婦さんと同じように食事を取っていると、妊娠中や出産時に母子ともに危険が伴うことがあるのです。では何故肥満型妊婦は危険があるのでしょうか。肥満型妊婦の場合、血圧や糖分の数値が高く、妊娠中毒症や妊娠糖尿病になりやすい傾向があります。また赤ちゃんに栄養分がたくさん送られてしまうと、赤ちゃんが標準体重よりも大きく成長してしまう可能性があります。出産するときに自然分娩しにくくなったり、生まれてくる赤ちゃんも最初から肥満型の体質になってしまう可能性もあります。また出産時に子宮や産道周辺に余分なお肉が付き過ぎてしまい、難産になってしまう傾向があるのです。そのため、もともと肥満型の妊婦の場合だと、徹底した体重管理が必要となるのです。肥満度が高い場合だと、妊娠中の体重増加はゼロに押さえるように医師に指導を受ける場合もあります。

極度の痩せ型妊婦の危険性について

極端に痩せている妊婦の方も体重管理には気をつけなければなりません。痩せ型妊婦のリスクは、うまれてくる赤ちゃんがお腹の中でうまく成長せず、低体重で出産してしまったり、発育が未熟だったりする場合もあります。もともと痩せ型の人の場合、普段の食事量が長期間の間、一般よりも少ないため、少ない栄養分で生きてきました。そのため、身体の中では少ない栄養で生きていくことができるようになっているため、妊娠時にお腹の中にいる赤ちゃんに栄養分がさらに送られなくなってしまっているのです。そこで妊娠中は体重を9キロから12キロ近くまで頑張って増やしましょう。バランスのよい食事を心がけ、赤ちゃんの体重が標準体重まで増えるように、体重管理を行うようにしなければなりません。

妊娠中のダイエットは産婦人科医と二人三脚で

体重管理をしっかりしてよいお産を!

妊娠中のダイエットは体調管理をしっかりしながら行う

妊娠中のダイエットは、決して自己判断してはいけません。妊娠中は、健康な赤ちゃんを産むことに専念して、とにかく栄養バランスのよい食事を心がける必要があります。妊婦検診の時に、必ず体重測定があります。また妊娠中期から後期にかけては、尿中のタンパク質の量や、血液中の糖の測定を行い、異常がないかをチェックされますので、妊婦検診は毎回きちんと行う必要があります。体重管理をしっかり行うことで、健康な赤ちゃんを産むことができます。

PR