どうにかならない?妊娠後期の足のしびれを少しでも軽くするには?
36views

どうにかならない?妊娠後期の足のしびれを少しでも軽くするには?

妊娠に伴い様々な体の変化がありますが、妊娠が経過するにつれ、お腹が大きくなる事が原因で起こる不調に、妊娠後期の足のしびれがあります。出産すれば治る、とは言われますが、我慢するしかないのでしょうか?少しでも症状が解消しないか調べてみました。

妊娠中の様々な不調

妊娠後期の足のしびれ

妊娠後期の足のしびれ

妊活を過ごした皆さんには待ちに待った妊娠ですが、妊娠は未知の世界へのスタート!急な体の様々な変化に戸惑う方も多いのでは?その中でも、妊娠後期の足のしびれについて、しばしば話題になります。つわりも乗り越え、マタニティライフを満喫しようとしたら、急な足のしびれ。心配になりますよね。

いくつかの原因があります

ビタミン不足?!

妊娠後期の足のしびれはビタミン不足

赤ちゃんが大きくなるにつれて、たくさんの栄養を母体は送り込んでいます。しかし体重増加やむくみなどを気にして十分な栄養が摂れていない場合もあり、その場合ビタミン不足になって、神経障害が生じ、足がしびれる、という症状が出ます。またむくみや血行不良がしびれの原因になっていることもあります。ちなみに足がつる人はカルシウム不足でもあるといわれます。食生活には気を付けたいですね。

大きくなったお腹が原因?

赤ちゃんが大きくなるにしたがってもちろん子宮も大きくなり、周りの血管や神経を圧迫します。このために足がしびれやすくなります。赤ちゃんが大きくなるのはうれしいですが、母体には大きな負担にもなるのですね。また、妊娠中期以降は血液量も増え、血管も太くなるので、むくみやすく、太くなった血管がまた神経を圧迫したりするんですね。

ホルモンの影響も

妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が盛んになり、妊娠が継続されます。妊娠後期になると、このエストロゲンによって出産がスムーズにいくように、骨盤周りの靭帯や筋肉を緩めて、いわゆる「骨盤がひらく」状態になります。骨盤が開いていると当然赤ちゃんは出てきやすいのですが、逆に母体の背骨は歪み、座骨神経痛になり、足がしびれてしまうこともあるのです。

少しでもやわらげたい足にしびれ

いつ治る?足のしびれ

妊娠後期の足のしびれはいつ治るのか

この足のしびれの原因はすべて妊娠のせいなので、出産すればすんなり治ります。でも寝てても起きてしまうくらいのしびれや、歩けないほどのしびれはいやですよね。和らげる方法は?

食生活を健全に!

現代の飽食の時代では、栄養失調はありえないことですが、安価でたやすく手に入る食生活では、逆に栄養が偏り、ただでさえ妊娠でむくみ易い状態をさらに促進してしまうことがあります。改めて、塩分のとりすぎ、またカルシウム不足、ビタミン不足には気をつけましょう。

大きなお腹を支えよう

ダイエットや細身な女性が人気の近年では、もともと筋肉不足の方が多く、大きなお腹を支えるべき筋力がなく、お腹が下に下がり、足に負担がかかっている場合があります。その場合は腹帯などで大きなお腹を支えてあげましょう。また骨盤が緩みすぎている方は骨盤ベルトをするのもおススメです。これらのグッズで症状が和らいだ方が多数います。

じっとしていないで適度に動こう

妊娠後期の足のしびれの改善法

妊娠中でなくとも、同じ姿勢でいれば、足がしびれたり、つったりするものです。妊娠後期はお腹の重みが余計に負担になります。座っているときも立っているときも意識して同じ姿勢を取らないようにしましょう。また前述のむくみ対策としても、寝るときは少し足を高くする事をおススメします。また冷えも血行不良になりしびれの原因になる事も。足湯などしてリラックスするとともに血行をよくしましょう。妊娠中は使わない方がよいアロマもありますが、ベルガモット、グレープフルーツ、ネロリ、ローズウッドなどは、オススメしている場合が多いので足湯にたしてみては?リラックス効果が高まります。

PR