妊娠をしている時は要注意!妊娠中にりんご病になる原因と治療法とは?
34views

妊娠をしている時は要注意!妊娠中にりんご病になる原因と治療法とは?

妊娠中にりんご病になると、体に大きな負担がかかります。風邪やインフルエンザなどの病気よりも特に注意をした方が良い病気と言えます。流行が予想されているりんご病ですが、この病気の原因と治療法について紹介をしています。

妊娠中にりんご病になると体に悪い影響があるの?

妊娠中にりんご病になると体に悪い影響があるの?妊娠中にりんご病を発病してしまうと、体に様々な悪い影響が出てきます。2015年や2016年は、特に流行すると懸念されているこのりんご病。妊婦に感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染してしまう危険があるのでとても怖い病気と言えます。りんご病の原因や治療法について紹介をしています。

りんご病の原因はウイルスによるもの

りんご病の原因はウイルスによるものりんご病に感染してしまう原因ですが、ヒト・パルボウイルスB19というウイルスが原因となっています。「りんご病」という病名の由来についてですが、これは、この病気に感染すると頬に紅班ができることからきています。妊婦さんは、お腹の赤ちゃんに感染もするのでとても怖い病気と言えます。

りんご病の症状は様々なものがある

主な症状は、発熱、全身倦怠感、関節痛の3つりんご病に感染すると、様々な症状が引き起こされます。主な症状は、発熱、全身倦怠感、関節痛の3つです。この病気は、潜伏期間が1週間から20日とかなり長いのが特徴で症状が出るまでかなりかかります。また、紅班が出るのも潜伏期間が終わってからなので病気に感染してしまっているのかどうかが分かりにくい病気と言えます。

りんご病の治療方法は自然治療

妊娠をしている時やそうでない時に関わらず、りんご病の治療は自然治癒が主となります。自然治療ですが、症状が少し落ち着く薬を飲みながらしばらく安静にして回復をするのを待ちます。この自然治療は、強い薬などを使用するというわけではないので、非常に自然に近い感じで治療をすることができます。

妊娠33週以降は出産をしてから治療をする

妊娠をしている期間によっても、りんご病の治療方法は大きく異なってきます。例えば、妊娠33週目であればお腹の赤ちゃんを出産してから治療を行うこともできるようになります。妊娠している期間によって、治療法は異なってきますが基本的に体に負担がかかる治療は行いません。

りんご病は予防をすることも大事な病気

りんご病は、予め予防して感染しないようにすることもとても大切です。りんご病は、お腹の赤ちゃんに感染すると赤ちゃんの健康に影響が出てしまいます。りんご病という病気自体は、それほど怖い病気ではありませんが赤ちゃんに感染すると大きな感染リスクがあります。

マスクやうがいが効果的な予防法

マスクやうがいが効果的な予防法りんご病の予防には、マスクを普段から付けるようにしたりうがいをするのが効果的な方法と言えます。ウイルスが口から侵入しなくなるのでりんご病を防ぐことができるのです。妊娠をしている方は、特にりんご病の予防を徹底して行うようにすることが大事です。

早期発見で流産の予防をすることも肝心

りんご病は、予防をすることも大切な病気ですが早期発見を心がけるということも肝心です。りんご病をすぐに治療することができればお腹の赤ちゃんの病気の感染リスクを大幅に下げることができます。りんご病は、お腹の赤ちゃんに感染すると流産してしまうリスクも高くなる怖い病気です。2011年には、流産してしまったケースもたくさんありました。死産してしまうリスクも高くなるので注意をしてください。しっかりと予防と早期発見を行ってりんご病にかからないようにしましょう。

PR