病気の原因になることも!妊娠初期の免疫力低下の原因は?
438views

病気の原因になることも!妊娠初期の免疫力低下の原因は?

妊娠初期の免疫力低下の原因は意外と知らない女性も多いです。免疫力の低下くらい大丈夫だと、放置をしていると様々な病気を誘発させる原因になることもあります。知っておきたい妊娠初期の免疫力が低下する原因について紹介しています。

妊娠初期の免疫力低下の原因を知ることは大事

妊娠初期の免疫力低下の原因について「どうしてだろう?」と疑問に感じたことがあるという女性は少なくないでしょう。何となく、免疫力が低下していると感じているけれど何が原因なのか分からないから放置をしているという女性は危険です。妊娠初期に起こる免疫力の低下症状は、放置すると危険な病気を招くこともあるのです。免疫力低下の原因で最も多いものについて紹介をしています。

妊娠初期の免疫力低下の原因を知る

妊娠をして、免疫力が低下するのは赤ちゃんを守るためでもあるのです。免疫力は高くて困ることはありませんが、赤ちゃんにとっては免疫力がありすぎると逆に体に不必要なものと認識されてしまうようになり、赤ちゃんを排除しようとする体の働きが強くなってしまいます。なので免疫力が高すぎてもいけないのです。この点を踏まえて、妊娠初期の免疫力の低下の原因について知っていきましょう。

ホルモンバランスの変化に体が追いつかず免疫力が低下する

妊娠初期に、免疫力が著しく低下してしまう原因として最も多いのがホルモンバランスの変化によるものです。妊娠中は、赤ちゃんを守るために体のホルモンバランスが大きく変わります。妊娠性のホルモンでホルモンバランスが大きく変化し、免疫力が一時的に低下してしまうようになるのです。

日常生活で大きなストレスを抱えていることも原因の一つ

妊娠初期に免疫力が低下してしまう原因で、特に多いのは大きなストレスを抱えているということも挙げられます。妊娠中に、睡眠不足や栄養不足などによりイライラしたり大きなストレスを抱えていると、体に悪い影響を及ぼしてしまいます。そして、免疫力が低下してしまうので妊娠初期に体が弱い状態になってしまうのです。

妊娠初期の免疫力低下の原因の一つはストレス

細菌性免疫が低下していることが原因

妊娠初期に免疫力が低下する原因は、細菌性免疫が低下しているからということも挙げられます。妊娠をしていると、風邪やインフルエンザといった様々な病気に抵抗力が付く細菌性免疫が低下してしまうようになります。細菌性免疫が低下すると、免疫力が落ちるので病気になりやすくなるので注意をしてください。

免疫力が低下するとどんな病気になるの?

体の免疫力が低下すると、様々な病気にかかりやすくなります。妊娠初期に免疫力が低下すると、どのような病気にかかりやすくなるのかについて紹介をしています。

母子感染することがある

妊娠初期に免疫力が落ちるとなりやすい病気として、母子感染が挙げられるでしょう。母子感染は、通常の感染症がお腹の赤ちゃんに移行していって感染してしまうという病気です。この母子感染に感染すると、流産になったり早産になったりする原因になるので早目に治療をするのが効果的と言えます。

妊娠初期の免疫力低下で母子感染する恐れもある

風疹ウイルスにかかりやすくなる

妊娠中は、風疹ウイルスにもかかりやすくなってしまいます。風疹ウイルスというのは、三日ばしかと呼ばれている病気です。この病気は、症状こそ軽いのが特徴ですが赤ちゃんに感染することもあり赤ちゃんに感染すると先天性心疾患、視覚障害、聴覚障害、発達遅延といった様々な健康影響が出てしまいます。こちらの病気も早目の治療をするのが大切と言えます。ワクチンの予防接種で予防をすることができます。

PR