人工授精の出血は流産?妊娠率に変化はあるか
601views

人工授精の出血は流産?妊娠率に変化はあるか

人工授精の出血によって、妊娠できなかったのではないか、あるいは流産してしまったのではないかと不安になる方もいます。人工授精の出血は珍しいことではありませんが、ときには炎症や痛みを発生することもあるため、詳しく知っておきましょう。

人工授精の出血。原因は治療器具による子宮口の傷?

人工授精の出血は流産?人工授精の出血は、不妊治療を受けている女性には珍しいことではありません。もちろん誰にでも起こることではありませんが、人工授精に限らず婦人科の内診で出血する女性も少なくないのです。

人工授精をするときには、子宮口にチューブを通す必要があります。その際に出血が起こることもありますが、妊娠率への影響は特に問題ないと考えられています。出血の可能性は、あらかじめ医師からも説明があるはずです。通常は、数日もすればおさまってくるでしょう。生理の経血のように、濃度の高い血が出続けるということもありません。もしも出血量が多い、鮮血が出るということがあれば、医師に相談してみるべきです。いずれにしても、出血があったことは報告するでしょうから、改めて医師から説明があるでしょう。

人工授精の出血は治療後に経過した日数にもよる?

経過した日数にもよる?人工授精の出血は、治療してすぐ、あるいは数日経ってから発生したなら、よくあることと考えてもいいでしょう。しかし、ある程度の日数が経過してからの出血であれば、膣内に傷がついたなどの原因とは別の原因で出血しているのかもしれません。それこそ、流産の可能性も否めませんから、すぐに病院に行くことをおすすめします。

出血したからといって、必ずしも妊娠が駄目になったのでは?と不安になることもありません。というのも、妊娠初期に出血することもよくあるためです。出血が危険な性質のものだった場合でも、持ち直して出産まで漕ぎ着ける例もあります。いずれにしても、自己判断で放置するのは避けて、医師に相談してみてください。

人工授精の出血で痛みや炎症を起こす可能性

人工授精後の出血には、問題がない場合もありますが、中には痛みを伴ったり炎症を起こす人もいます。考えられる原因としては、人工授精後骨盤内腹膜炎や卵管炎の可能性があります。確率的には低いとはいえ、痛みや炎症を放置しておくのは危険です。どのような状態なのかは、医師に細かく説明して診断を仰ぎましょう。

人工授精は、男性の精子を女性の子宮に注入する治療です。もしかして精液に不純物がついていて炎症が起こったのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、病院では通常きちんとした衛生管理が行われています。そのため、問題は起こりにくいとされていますが、女性の免疫力の低下なども関係してくることがあるでしょう。無理して治療を受けるようなことは避け、万全な体調のときに不妊治療を受けられれば理想的です。

人工授精の出血によく似た出血

別の問題で出血していたということもあります人工授精による出血かと思ったら、別の問題で出血していたということもあります。人工授精が原因で起こる出血とは、治療器具によって膣内が傷ついたといったようなことです。これとは別に、不妊治療の過程で投与された薬によってホルモンバランスが乱れ、出血することもあります。また、ときには治療途中で生理が始まることもあります。

人工授精の治療で痛みを感じる人もいれば、特に痛みはなかったという人もいます。痛みを感じたから出血の原因が傷とも限らず、素人判断は避けておいたほうがいいでしょう。仮に心配がなくても、出血があったという事実は医師に報告しておくべきです。人工授精の出血自体は珍しいことではないとはいえ、見過ごすのはリスクがあります。

PR