人工授精の排卵後治療は有効?排卵前との違いは?
319views

人工授精の排卵後治療は有効?排卵前との違いは?

人工授精の排卵後治療は、排卵前の治療とどのくらいの効果の違いがあるのでしょうか。少しでも確率の高い方法で治療したいと思うのは当然ですから、治療のタイミングが気になるでしょう。ここでは、人工授精の排卵後の経過についてもお話します。

人工授精の排卵後治療は効果があるのか。最適なタイミングは?

人工授精の最適なタイミングは?人工授精は、女性の排卵期に合わせて人工的に男性の精子を子宮に注入する不妊治療法です。女性の排卵期には毎月数日間の範囲があり、いつ排卵日が来るかは確実に決まっているものでもありません。そのため、排卵日を見誤って妊娠の可能性を逃してしまうこともあります。

ただ、幸いなことに、精子は通常しばらく子宮内に留まっています。だからこそ、排卵された卵子に精子が結びつき、受精卵となることができるわけです。卵子の寿命はたった24時間なのに対して、精子の寿命は2~3日あります。数日の余裕があるとはいえ、排卵のタイミングはなるべく正確につかみたいところです。

そこで人工授精では、最適なタイミングを排卵の少し前から排卵の直後までとしています。排卵後の治療は不可能ではなく、排卵前より確実とすらいえそうです。

自然排卵日の予測より排卵誘発剤が効果的?

排卵誘発剤は注射あるいは内服薬で排卵を人工的に促す薬です自然排卵の日を予測するのは、正常に周期がまわっている女性でも確実ではありません。とはいえ排卵日を予測しないわけにはいきませんから、基礎体温を目安にして排卵日を予測していきます。ただ、自然な排卵日に必ずしも排卵するとも限りません。健康な女性でも、毎月必ず排卵しているとは限らないのです。

これらの問題を踏まえて、排卵誘発剤が使用されることもあります。注射あるいは内服薬で、排卵を人工的に促す薬です。薬を用いてすら排卵が絶対にあるとは限りませんが、自然な排卵を待っているよりは確実ともいえます。ただし、排卵誘発剤を用いた場合、卵子の数が増えることがあります。その場合、多胎妊娠をする可能性が高くなります。

人工授精の排卵後は自然受精とどう違うか

排卵前に人工授精を行い、卵子が精子と結びついて受精卵になったとします。その場合、自然妊娠との違いはどこにあるのでしょうか。実は、人工授精は、あくまでも健康そうな精子を選んで子宮内に注入するというだけの治療。人工授精後の過程は、自然妊娠と変わりないといってもいいでしょう。妊娠すれば出産までの経過は自然妊娠をした妊婦さんと同様で、妊娠しなければ再度人工授精を行うか他の不妊治療を行うかが検討されます。

もちろん、妊娠してからも人工授精をした妊婦さんならではの診療が行われていくはずで、多胎妊娠となれば余計に気を遣う必要が出てきます。流産のリスクを避けたり、多胎妊娠による発達障害などにも気を付けなければなりません。

不妊治療をしている方にとって、人工授精の排卵後に妊娠をしていてもしていなくても課題は山積みでしょう。もしも妊娠していなければ再度の治療に向かうかどうかを決めなければなりませんし、妊娠していれば新しいステップに進むことになります。

妊娠後も十分なケアを

妊娠後も十分なケアを人工授精で妊娠できたからといって、ほっと一安心できるとは限りません。妊娠できてからのほうが、むしろ体調管理が大変といってもいいでしょう。子宮内で無事に赤ちゃんを育てられるか、発育のいい赤ちゃんを出産できるかなど、心配になることは多いはずです。ただ、あまり悩んでストレスを溜め込んでいては、かえって自分の体や胎児によくない影響を与えかねません。なるべく気をしっかり持つようにして、これから先の人生に立ち向かいましょう。

PR