妊娠中に目薬は使える?妊娠中の花粉症やドライアイ対策はこうする
205views

妊娠中に目薬は使える?妊娠中の花粉症やドライアイ対策はこうする

妊娠すると薬を飲むことはできるだけ避けたいため、妊娠中に目薬も使っていいものか心配になってしまいます。しかし目薬に含まれている成分に気を付ければ、妊娠中でも使える目薬はあります。ここでは妊娠中にも使える目薬や妊娠中の花粉症対策などについて説明します。

妊娠初期に薬の使用を避けるのはなぜ?

妊娠初期の薬の使用について

妊娠初期は赤ちゃんを育てる準備を急ピッチで進めている段階で、ママの体には大きな変化が起きています。また胎児の重要な器官がつくられるのも妊娠初期のため、この時期に使ってはならないとされる薬を使用してしまうと赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす恐れがあります。
大人の体にとっては適量の薬でも、胎児にとっては危険な量であることも。その点からすると、妊娠初期はできるだけ薬を使わない方が安心といえるでしょう。

妊娠中に目薬や塗り薬も注意

妊娠中の目薬は

口から直接飲む薬に限らず、肌に塗る薬や目薬にも妊娠中は控えるべき薬があります。妊娠中は薬を使わないでいられればそれに越したことはありませんが、どうしても使わなければいけない時も。
一番安心して使える薬がもらえるのは医師と相談し、処方してもらう方法です。かかりつけの産科医に症状を話すと、妊娠中でも使える薬が処方されます。もし皮膚科や眼科などを受診するときには必ず妊娠中であることを医師に伝えましょう。

妊娠中に気を付ける目薬の成分

プラノプロフェン

炎症の原因となる物質の生成を抑える働きを持った成分が配合された目薬は妊娠中に使ってはなりません。なみだ目、充血、目のかゆみ、目やにが出る時に使う目薬によく配合されていますが、ドラッグストアなどで手軽に購入できる場所にある目薬にも含まれているため購入の際には成分の表示や妊娠中は使用しないことが書かれていないか必ずチェックしましょう。

アシタザノラスト水和物など

他に、ケトチフェンフマル酸塩、クロモグリク酸ナトリウムのどれかを含んでいる目薬を使いたい時は、医師や薬剤師に相談が必要です。必ず妊娠中であることを伝えて、使用できる状態にあるかどうかの確認を受けましょう。

妊娠中の花粉症対策

妊娠初期の場合

妊娠中の花粉症対策

胎児の重要器官形成の時期にあたるため、花粉症でも薬の使用は控えた方が安心です。マスクやメガネなどで対策をとり、花粉症の時期や妊娠初期が過ぎるのを待つ方が安全でしょう。しかしどうしても辛く日常生活に支障をきたす時には医師と相談し目薬などを処方してもらいましょう。

妊娠中期以降の場合

妊娠初期に比べると使える薬の幅はやや広がりますが、それでもプラノプロフェンが入った目薬の使用は避けましょう。この成分は出産を遅らせる働きがあるといわれるためです。
いくら使える薬の種類が増えたからといって、できるだけ使わない方が安心なので、メガネやマスクなどを上手に使い薬の使用量を減らす工夫をしましょう。目薬を使いたくなったらきれいな水で目を洗うと花粉などの汚れが落ちてかゆみなども軽減されるはずです。

妊娠中のドライアイ対策

妊娠中は赤ちゃんへ栄養を運ぶなどのために血液がたくさん使われるためあらゆる部分が乾燥気味になりがちです。目も渇きがちになるため、まばたきを意識的にしたり長時間パソコンやスマホを使わないようにしたりしてドライアイ対策しておくと良いでしょう。ドライアイ向けの目薬は市販薬でも販売されていますが、できれば眼科で処方される目薬を使いましょう。プラノプロフェンだけでなく防腐剤が使われていない目薬は病院の方が入手しやすいです。

PR