妊娠初期の胸の張りはなぜ起きる?生理前の胸の張りとの区別とは
89views

妊娠初期の胸の張りはなぜ起きる?生理前の胸の張りとの区別とは

妊娠初期の胸の張りを感じる方は少なくありません。また、生理前になると胸の張りを感じるという方もいます。どの点で違いがあるのかについてや妊娠初期の胸の張りの理由や同時に起こる可能性のある体の変化について解説します。

妊娠初期の胸の張りは生理前とそっくり?

妊娠初期の胸の張りは生理前とそっくり?生理前になると胸の張りを感じる方もいますが、妊娠初期にも胸の張りを感じる場合があります。非常によく似ている場合には、いつもの生理前の症状のひとつと深く考えずにいて生理予定日を過ぎても生理が始まらないために妊娠を疑い始めるということも。人によって、今までの胸の張りと違いがあり妊娠に気づくケースもあります。

胸が張るのはなぜ?

胸の張りにはプロゲステロンという女性ホルモンが関係しており、生理前の排卵が起きた時に分泌されます。また、妊娠した場合の胸の張りにもこのホルモンが関わっており、つわりにも関係があるといわれています。生理前と妊娠初期のどちらの胸の張りにも同じホルモンが関係していることから、大きな違いはないでしょう。

妊娠初期におこりうるその他の体の変化

妊娠初期は妊娠を継続するために、体の中でめまぐるしい準備が進められています。赤ちゃんを育てるために必要な準備では女性ホルモンの分泌が盛んになり、時にはホルモンバランスが崩れることも。その影響で体の変化やつらい症状が現れる場合があります。
胸の張り以外にも次の症状が思い当れば妊娠検査薬を試してみることをおすすめします。

においに敏感になる

においに敏感になる…それまで全くにおいを気にしたことがない方でも、ちょっとしたにおいが気になり気持ち悪さや吐き気を感じることも。また、苦手だと感じていたにおいについてはより苦手になり食事の準備や外出中にはマスクをつけるなどしてにおい対策をすることもあります。

お腹が張る、チクチク痛む

特に下腹部に張りや痛みを感じることがあり、生理痛のような鈍痛であることも。また下腹部に違和感を感じたり胃痛や便秘になったりすることもあります。これらも妊娠継続と赤ちゃんの成長のために分泌されるホルモンの影響です。

眠気やだるさがある

生理前にも眠気やだるさを感じることがありますが、いつもとどこか違う眠気やだるさだったという方も。ひたすら寝ても寝足りないくらいの強い眠気に襲われる場合もあります。無理せずこまめに休める環境を整えましょう。

胸の張りの対策

妊娠による胸の張りはひどく気にしたり無理になくそうとしたりするより、上手に付き合っていく方法をとりましょう。あまりに張りからくる痛みが強いなどの場合はかかりつけの産科医に相談することをおすすめします。

体をしめつけない服装

ゆったりしたサイズの下着を妊娠中に胸は授乳の準備のためにどんどん大きくなっていきます。そのため、妊娠前に使っていた下着ではサイズがあわなかったり締め付けが強かったりして体に負担をかける場合も。
特に胸の張りを感じる時はマタニティ向けの下着をつけたりゆったりしたサイズの下着を選んだりして、体の変化を無理なくサポートするゆとりのある服装にしましょう。こすれが気になる場合は綿などの肌に優しい素材のものを選んでつけます。

熱いお湯に長時間つからない

血行がよくなると胸の張りが強くなりやすいので、入浴する際は長時間湯船につからず、つかっても胸までお湯につけないようにしましょう。特に妊娠初期は熱いお湯のお風呂に入るのは避け、体が冷えない程度の適温で入ります。
どうしても入浴後に胸の張りが強くてつらい時には軽く冷やしても構いませんが、痛みがやわらぐ程度にしておき冷やしすぎに注意しましょう。

PR