妊娠中の喉の痛みは、市販薬に頼らず自分の力で治そう!
582views

妊娠中の喉の痛みは、市販薬に頼らず自分の力で治そう!

妊娠中の喉の痛みは、お腹の中の赤ちゃんのことも考え、あまり薬は使いたくはないものです。そこで薬に頼らず自分の力で妊娠中の喉の痛みを治してみませんか?風邪を引いて喉が痛い時や、花粉症の時期の喉の痛みにも効果がありますよ。

妊娠中の喉の痛みを治すには

妊娠中の喉の痛みを感じる方も!

妊娠中の喉の痛み

妊娠中の喉の痛みを感じる方もいます。

特に妊娠超初期の時期は、身体が高温期に入るため、風邪と似たような症状を感じやすくなります。なんとなく喉がイガイガしたり、乾燥して喉の粘膜が痛くなることもあります。

風邪のときの妊娠中の喉の痛みは薬は使いたくない!

妊娠中の喉の痛みに薬を服用したくない

風邪を引いた時や妊娠中の喉の痛みがある時は、できることならば、お腹の赤ちゃんのためにも薬は使いたくないという方もいるのではないでしょうか。

そこで喉の痛みを対処する方法をご紹介します。

自分で出来る妊娠中の喉の痛みの対処策

喉は乾燥が大敵です

妊娠中の喉の痛みは乾燥が大敵です。

マスクを一枚するだけでも、喉の乾燥に大きな効果があります。加湿器があれば、部屋を加湿するだけでもだいぶ楽になります。冬場はとくに乾燥する時期なので、洗濯物を枕元に干して寝るだけでも、喉の乾燥に効果があります。

うがい薬は使わない!

妊娠中ののどの痛みに緑茶

妊娠中の喉の痛みに効果があるのは、喉の殺菌です。でも市販のうがい薬は使用しないようにしましょう。

うがい薬ぐらい別に害はないじゃないの?と思うかもしれませんが、うがい薬にはヨードが使われており、殺菌力が強いので、あまり使わない方がいいでしょう。ヨードを使ったうがい薬で何度もうがいを続けると、お腹の赤ちゃんの甲状腺が異常がおこる危険性があります。ママが使用したヨード入りのうがい薬が何かの拍子に身体の中に取り込まれ、胎盤を通じて、赤ちゃんにその成分が伝わってしまうからです。

スプレータイプの喉薬もやめておきましょう。その代わり、殺菌効果が期待できる緑茶や水に塩を入れたものでうがいをすると、喉の殺菌をすることができます。

うがいをするだけで、のどが殺菌されるので、喉に痛みがあるときは、こまめに行いましょう。喉の炎症も押さえることができるので、直りも早くなりますよ。

昔からあるおばあちゃんの知恵!大根シロップ

昔からあるおばあちゃんの知恵ですが、民間療法で喉の痛みを押さえることができますよ。

その民間療法とは、大根をはちみつでつけるだけの大根シロップです。
作り方はとても簡単で、

まず大根をこまかく刻みます。
瓶の中に刻んだ大根を入れ、そこに大根が隠れるほどはちみちを入れるだけです。
二、三日おくと大根から水分が出てくるので、飲みごろです。
飲み方はお湯や水で割るだけです。

寒い冬場はお湯で割って、夏場はお湯だと飲みにくいので水で割るか、もしくはお湯で割った後冷ましておくといいですよ。
中身のだいこんは甘いので、そのまま食べてもいいですよ。ヘルシーなおやつになります。

レモンにも殺菌効果があります

妊娠中の喉の痛みを抑える方法

大根シロップは独特の匂いがあるので、どうしても匂いでダメという方もいるかもしれません。
また妊娠初期の時期はつわりなどの症状で、大根の匂いが受け付けないという方にお勧めしたいのが、レモンのはちみつ漬けです。

レモンにも大根と同じような喉の殺菌効果があります。作り方は大根シロップとほとんど同じで、輪切りにしたレモンをはちみつに漬ければ出来上がりです。

紅茶にレモンのはちみつ漬けを入れて飲めば、喉の痛みに効果があります。紅茶にも喉の痛みを押さえる効果があり、レモンの香りでさわやかな気分になれます。

PR