妊娠中の歯痛・・・それってもしかしたら「妊娠性歯痛」かも!?
1,096views

妊娠中の歯痛・・・それってもしかしたら「妊娠性歯痛」かも!?

妊娠中は、ホルモンバランスが崩れてしまうために色々と体のトラブルが引き起こされるもの。妊娠中の食生活の乱れによって歯が痛くなることもありますが、中には、虫歯でもないのに妊娠中の歯痛に悩まされている妊婦さんもいます。それはもしかしたら「妊娠性歯痛」かもしれません。「妊娠性歯痛」についてまとめました。

妊娠中は歯が痛い?それはどうして?

857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れてしまい、普段なら感じない痛みを感じるようになってしまう場合があるようです。ですから、虫歯でもないのに、歯が痛い・・・ということは必ずしもおかしいことではないのです。妊娠中の歯痛は意外とよくある話です。ただし、この歯痛にはいくつかの原因があるようです。

口の中が酸性になるために歯が溶けやすい状況に

YOU86_ninpusan-thumb-1000xauto-16106

妊娠中、とくにつわりの時期などは、味覚が大幅に変わることがあります。つわりのときに酸っぱいものが欲しくなるという話はよく聞きますが、常に口の中に酸性のものが入っている状態であると、残念ながら口の中の環境は歯にとって良くない状態にあります。酸性の状態は、歯を溶かしてしまうようになるために、虫歯の進行を早めてしまったり、歯が痛む原因になることがあります。よく妊娠中は、赤ちゃんの方へカルシウムが流れてしまうために、母体の方のカルシウムが不足して虫歯になりやすいと言われていますが、これはあくまでも俗説であり、医学的根拠がないとも言われています。

口内炎、歯肉炎などの炎症のトラブルに

ホルモンバランスの乱れから、免疫力が低下していることによって、口内環境が健康状態でないということもひとつの原因として考えられます。つわりのため、あるいは寝不足などがその原因を作っています。歯が痛むというよりは、こういったものによって、口の中が痛むという方が正しいのかもしれませんが、いずれにしても、そういった状況で口の中全体が痛くなると言うことはあります。

知らない人も多い「妊娠性歯痛」かも!?

意外と知っている人が少ないのが「妊娠性歯痛」です。これは、歯の中には複数の血管が通っていますが、妊娠によるホルモンバランスの乱れの影響で、その血管が膨張してしまい、歯の骨の中にある血管が膨張したいのに硬い歯で抑えつけられている状態になってしまうために、歯が痛むことを言います。この妊娠性歯痛が発生する時期は、妊娠初期から中期にあると言われていますが、実際のところ、その人それぞれによって異なるようです。

妊娠中の歯痛はどのように対処する?

29d198683284284537bc27241351d4a5_s

まずは歯医者に相談しよう

妊娠中は、痛みを止めるための鎮痛剤を気軽に服用することはできません。もちろん、妊娠中でも服用可能なお薬はあります。ただし、こういったお薬は処方箋が必要になりますので、まずは、歯医者さんなどに相談してみましょう。

規則正しい生活を送るように心掛けよう

妊娠中ですから、通常のような規則正しい生活を送るのは難しいかもしれません。ただし、ホルモンのバランスを極力整えるためにも、規則正しい生活を送るように心掛けることは大切です。睡眠を十分にとること、酸っぱいものばかり食べないで中和させるものを最後に食べるようにするなどの心掛けをするだけでも、歯痛を抑えることが出来るかもしれません。

カルシウムなどを摂るように心掛けよう

妊娠中は、カルシウムは大切な栄養素です。生まれてくる赤ちゃんの歯の環境を良くするためにも、カルシウムを積極的に摂るように心掛けましょう。もちろん、偏った食生活ではなく、よく噛んでゆっくり食べるような食習慣も心掛けることが大切です。

PR