妊娠中の花粉症を軽減させる方法は?妊娠中の花粉症はこう対処する!
56views

妊娠中の花粉症を軽減させる方法は?妊娠中の花粉症はこう対処する!

妊娠中の花粉症はとてもつらいですよね。お腹が大きくなって思うように動けないことに重ねて、鼻水やくしゃみがとまらないと、ストレスがたまってしまい、心の負担が大きくなります。妊娠中の花粉症の対処法を知り、少しでも楽になる方法を勉強しましょう。

つらい花粉症をなんとかしたい!

妊娠中の花粉症は、鼻水やくしゃみがとまらずとてもつらいですよね。何度もくしゃみをしていると、お腹の赤ちゃんがびっくりするのではないかと不安に感じてしまうかもしれません。そんな妊娠中の花粉症に対処する方法についてご紹介しましょう。

妊娠中の花粉症対策【薬編】

妊娠中でも処方してもらえる花粉症の薬を妊娠をしているときは、お腹の赤ちゃんに影響があるので、市販薬は飲まないようにすることが大切です。ただ、ママさんたちの中には妊娠前から毎年花粉に悩まされている方もいらっしゃいますよね。通年花粉症の薬にお世話になっているという方は、薬で対処しなければつらくて仕方がないかもしれません。そんなときには、妊婦健診に通っている産婦人科の医師に相談をしてみましょう。妊娠中でも処方してもらえる花粉症の薬を出してもらうことができます。

妊娠中の花粉症対策の薬には、内服薬や点鼻薬、点眼薬などがあります。中には、妊婦さんの体質にあわせて漢方薬の処方をしてもらえる病院もあるので、通っている病院に問い合わせてみましょう。花粉症対策として有名な漢方薬に、小青竜湯があります。花粉症に効果がある漢方薬で、抗アレルギー作用や抗炎症作用があるとされている漢方薬です。

妊娠中の花粉症対策【運動編】

適度な運動をすることが花粉症対策につながります。妊婦さんは走ったり腹筋を使ったりする運動は避けた方が良いため、軽いウォーキングを毎日すると良いでしょう。ウォーキングをすると体があたたまるので、体温が上昇し、免疫力を高めることができます。また、筋肉量も増えるため基礎代謝が高まり、花粉症の不快な症状が軽減されることもあります。

妊娠中の花粉症対策【日常生活編】

妊娠中の花粉症対策として、花粉を寄せ付けないようにすることが大切です。妊婦さんが自分でできる花粉症対策についていくつかご紹介しましょう。

【出かけるときはマスクとメガネを】
外に出かけるときには、花粉が鼻や目にに入らないようにするために、マスクとメガネをつけるようにしましょう。マスクは口や鼻への花粉の侵入を防ぐことができます。メガネは花粉対策のものを使ってもよいですし、視力が悪い方は視力矯正のメガネでもよいです。コンタクトをしている方は、花粉がレンズに付着しやすいため、できるだけメガネにした方が良いでしょう。コンタクトレンズの場合は、花粉で目がかゆくなったときに、レンズがこすれて角膜を傷つける恐れがあります。これらの理由から、花粉症の方はなるべくメガネをかけた方が良いでしょう。出かけるときはマスクとメガネを

【衣類の花粉をシャットダウン】
冬の季節はコートやブレザーなどを着て出かけることが多いですね。外から帰る前に、玄関先でコートやブレザーにブラシをかけて、衣類に付着した花粉を落とすことが大切です。目に見えなくても、衣類にはたくさんの花粉がついています。家に持ってあがらないことが大切なので、面倒ですが家に入る前にブラッシングをしましょう。玄関先でコートやブレザーにブラシをかけて

【部屋のお掃除】
玄関でブラッシングを行ったとしても、すべての花粉を落としきれているわけではありません。家の床拭き掃除は、なるべく毎日行うようにしましょう。室内の花粉対策をするためには、掃除機のあとの床拭きが大切です。床拭き掃除は、なるべく毎日行うようにしましょう

PR