妊娠中のお酒は本当にダメ?妊娠中のアルコールと赤ちゃんの影響について
92views

妊娠中のお酒は本当にダメ?妊娠中のアルコールと赤ちゃんの影響について

最近はビール女子と呼ばれるほどお酒が大好きな女性も多くなっています。そういう女性にとって、妊娠中の禁酒はつらいもの。つわりで飲めないなら良いけれど、そうでもなければ少しだけならと飲みたくなりますよね。本当に妊娠中のアルコールはいけないものなのでしょうか?妊娠とアルコールについてまとめました。

妊娠中のアルコールは本当にダメなもの?

妊娠中のアルコールはダメなのか

お酒が好きな女性にとって、妊娠中の禁酒は辛いもの。意外と踏ん切りがつかなかったりすることもあります。お仕事をしていれば、その飲み会などでアルコールを飲む機会があるのにも関わらず、妊娠中で飲めないというのも辛いですよね。では、妊娠中のアルコールは本当にダメなのでしょうか?また自分が妊娠していると自覚がないときに飲んだアルコールもダメなものなのでしょうか?妊娠中のアルコールに関する問題を調べていきましょう。

一番心配な「胎児性アルコール症候群」について

妊娠中のアルコールで心配な胎児性アルコール症候群

欧米のデータでアルコールを常時摂取していた妊婦さんとそうでない妊婦さんから生まれた赤ちゃんを比べたころ、アルコールの常習性があった母親から生まれた赤ちゃんは「胎児性アルコール症候群」になっている確率が高いというデータが発表されました。「胎児性アルコール症候群」は、妊婦さんがアルコールを摂取していた影響によって、胎児としての成長が遅くなってしまい、生まれてきた赤ちゃんが低体重や低身長であったり、言語障害があったりするというということです。アルコールを摂取することで、こういった影響があったという具体的なものになります。

少量のアルコールでもいけないものなのでしょうか?

妊娠中は少量のアルコールでもいけないのか

この「胎児性アルコール症候群」は、アルコール摂取の常習性があった場合のデータになります。また、その常習性のアルコールの量も、ビールであれば一日に350mlで6本以上、ワインでは175mlを飲むことで「胎児性アルコール症候群」の発症率が3割から5割高まると言うデータも報告されています。しかしながら、このデータはあくまでも欧米の妊婦さんを対象にしたもので、日本人の妊婦さんにそのデータをあてはめることが出来るのかという議論が持ち上がっていたり、最近では、少量のアルコールでも「胎児性アルコール症候群」を発症したという報告もあったため、一概にどのくらいの量までなら大丈夫だということは言いきれないのが現状です。

うっかり飲んでしまった場合も胎児に影響があるの?

妊娠をまだ把握していなかったときに飲み会でアルコールを飲んでしまったという場合が心配になりますね。実際に、妊娠初期と言うのは、赤ちゃんの様々な器官が成形されるための大切な時期であると思いますが、そんなときにアルコールを摂取してしまったら本当に大変なことになるのでしょうか?多くの場合、妊娠したと分かってからお酒を控えるというスタンスで大丈夫だという見解です。アルコールを摂取したからと言って、それが影響があるからと深く心配やストレスを抱えないようにすることが大切です。「胎児性アルコール症候群」の多くは、あくまでも多量のアルコールの常習性があったときに報告されており、その人それぞれでその量は具体的に決められているわけではないのです。

ストレスを抱えずに、アルコールは控えよう

お腹の赤ちゃんが成長していくことで、母親としての自覚が出てくることもあります。アルコールを飲まないとストレスが発散できないという精神状態ではなく、この子が無事に産まれてくるように、健康に育つようにと母性本能が芽生えてきますので、ストレスを抱えずにお酒を控えていけるようになります。アルコールが飲みたいとしても、また飲めるようになる時期があるわけですから、少しの間だけ我慢しましょう。

PR