もしかして?妊娠しているの?妊娠の兆候にはこんな症状があります。
120views

もしかして?妊娠しているの?妊娠の兆候にはこんな症状があります。

妊娠の兆候はいろいろな身体の変化があります。たとえばおりものの変化でなんとなく察しがつく方もいれば、受精卵の着床時に起きる着床痛で解ってしまう方もいます。妊娠の兆候にはさまざまなものがあるので、思い当たることがあれば妊娠検査薬で調べてみましょう。

妊娠の兆候にはさまざまなものがある

こんな妊娠の兆候があれば、もしかして!?

妊娠の兆候におりものの変化

妊娠の兆候で一番早く気がつくのは、おりものの変化ではないでしょうか。おりものの変化は毎日トイレに何度も行くので一番目にすることが多く、そのため妊娠の兆候に気が付きやすくなります。おりものの量がいつもの倍になり下着を汚すこともあります。

なぜおりものが増えるの?

妊娠をすると妊娠関係のホルモンが大量に分泌され、子宮内は活発的に動き出します。それが刺激となり子宮内の分泌物がつぎつぎに排出されていきます。そのため、おりものの量が増えていくのです。

おりものの形状はどうなるの?

いつもよりもサラサラとしたおりものになります。透明のおりものの場合もあれば、黄色がかっているもの、中には子宮内に古くなった血液があったため、薄い茶色のおりものがでてきたというケースもあります。

血が混じっている!これって危険なサインなの?

おりものに少量の血が混じっていることもあります。少量でも血を見た瞬間に何か危険なサインではないかとびっくりしてしまうのではないでしょうか。実はこれは受精卵が子宮内に着床した時に出血するため、着床出血と呼ばれる出血なのです。この着床出血で、妊娠したことを悟る方もいます。

妊娠の兆候は胸の変化もあります

いつもは感じることのない胸の変化

妊娠の兆候に胸の変化

妊娠の兆候の一つとして、胸の変化で妊娠に気がつく方もいます。お風呂場で何気なく自分の胸を見てギョッとされる方もいるかもしれません。その胸の変化は、いつもよりも胸が明らかに大きくなっていること、そして乳輪が黒ずみ、乳首がいつもよりも大きく黒ずんでいることです。これも妊娠によって女性ホルモンが活発化されたため、乳腺が発達し、子供を育てるための胸に変化したからです。妊娠月数が進むにつれて、この乳房の変化もどんどん進んでいきます。

胸が痛いことも!

胸が張ったり、痛みを感じる方もいます。いつもより下着がきつく感じたり、乳首が下着にこすれて痛みを感じることもあります。

体調の変化があります。

なんとなく身体がだるくて眠たい

妊娠の兆候に体調の変化

昼間、仕事をしているときや家事をしているときなど、あくびが何度も出て、一日中眠たいという状態が続きます。これも妊娠によってホルモンバランスが変わるため、一日中身体がだるくて眠くなってしまうのです。

便秘や下腹部の痛みがある

生理前の症状とよく似ていますが、妊娠の兆候として、便秘が続いたり、なんとなく下腹部がチクチクと痛んだりすることもあります。

体温が高い日が続く

なんとなく身体が熱っぽかったり、体温が高い日が続くと、妊娠している可能性があります。

気分にムラが出てくる

妊娠をすると、精神的に不安定になることもあります。一日のうちにコロコロと気分が変わってしまうこともあります。朝は明るい気分で出かけたのに、お昼になるとなんだか将来のことが不安になり、急に暗い気分になったり、小さなことでイライラしたりと、精神的に落ちつかなくなることもあります。

妊娠検査薬で確認しましょう

妊娠の兆候を感じたら妊娠検査薬で確認

これらの妊娠の兆候があったら、妊娠検査薬で妊娠をしているかどうかを調べてみましょう。調べる時期は、生理予定日の一週間後からです。陽性反応が出たら、産婦人科にいきましょう!

PR