妊娠中の風邪の影響って胎児にとってどれほどのものなの?
97views

妊娠中の風邪の影響って胎児にとってどれほどのものなの?

妊娠をしているときには、できるだけ体調に気をつけようと思っているものでしょう。しかし、どうしても風邪を引いてしまうこともあります。胎児にとって、妊娠中の風邪の影響はどの程度なのでしょうか?また、妊娠中にはどういった点に気を付けるべきなのでしょうか?

妊娠している時に風邪を引いてしまいますと胎児にも影響します。そのため妊娠時には今まで以上に健康に気をつける必要があります。妊娠中の風邪の影響を考慮して妊婦さんは今まで以上に気をつけましょう。妊娠中に風邪にかかってしまいますと胎児を排出することなどは最悪のケースで、風邪を引いてしまってからこじらせてしまいますと、そのリスクも高まっていきます。そのため妊娠時にできる事を行っていきましょう。まずは足元を冷やさないようにしましょう。足元を冷やすことは厳禁です。お腹にいる胎児の体温まで奪ってしまいますので、注意が必要になります。

母親が摂取した栄養素をそのまま

妊娠中の風邪の影響
お腹の赤ちゃんのことを考えると、食生活にも気をつけなければなりません。お腹の赤ちゃんのことを意識し、まず辛いものは食べないようにしましょう。これは赤ちゃんのことを考えると基本です。母親が摂取した栄養素をそのまま受け継ぐことになりますので、注意が必要になります。また賞味期限が切れている食べ物などにも注意が必要で、母親が食中毒などになってしまうと、胎児にも影響を免れないからです。十分な注意事項を確認して赤ちゃんを立派に産みましょう。
他にも妊娠中の運動は避けるようにすること、妊娠してからは体を温めて冷やさないようにしましょうね。他にも食べては行けないとされている食べ物があります。

妊婦さんが気をつけるべき食べ物

妊婦が気を付けるべき食べ物
妊婦さんが気をつけるべき食べ物とは「生肉」、「大きなサイズの魚でマカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ」、「生卵」、「アルコールとカフェイン」、などがあります。基本的に神経質にならずに食生活をしっかり続けていくことが大切ですが、「生肉」には十分な注意が必要なようです。生肉を食べることで「トキソプラズマ」や「O-157」といった感染症にかかることは非常にリスクが大きいからです。
すべての哺乳類や鳥に感染する寄生虫なので、胎児にも影響があると言われています。大型の魚にも十分に注意が必要です。生態系の上の方にいる大型の魚は水銀が多いため妊娠中は控えることをおすすめします。胎児は水銀を排出することが出来ないので、脳神経障害などの恐れもあるようです。そのため基準は週に160g程度にしておきましょう。菌は胎児にも感染し、流産や早産、新生児にも髄膜炎や敗血症の原因になってしまうのです。子育ての際にも栄養には気を使いますが、妊娠時にも同じです。

ナチュラルチーズ(非加熱)・生ハム・スモークサーモンなどにも注意が必要

妊婦はチーズなども注意する
またナチュラルチーズ(非加熱)・生ハム・スモークサーモンなどにも注意が必要なようです。これには「リステリア」という菌が含まれていて、妊娠中に摂取すると菌は胎児にも感染してしまうことになります。ただし、これは抗生剤によって治療をしてあげることで、胎児への感染を予防できます。このように風邪に注意することは基本、また食生活にも十分に気を付けないと「菌」を摂取してしまうことになります。このような自体を避けるために生肉、魚は加熱する。賞味期限に注意する。風邪を引いてしまった時も薬を乱用せずに医師に相談してから処方されたお薬飲みを使用しましょう。

神経質になってしまうと体内の血液の循環も悪くなり、風邪をひきやすい

神経質になることも悪影響とされています。神経質になってしまいますと体内の血液の循環も悪くなり、風邪をひきやすくなってしまったり、また風邪を引いてしまうと胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。気をつけていれば健康な赤ちゃんを無事に出産出来ます。毎日無理なく軽いストレッチ運動をする事は体内の血液の流れを良くしますが5ヶ月を超えた頃からは無理しない事、しっかり体のケアをしていくようにしましょう。風邪をひかないようにいつも素足でいることは厳禁です。体を冷やさないようにしましょう。しっかりケアをして健康な赤ちゃんを産みましょうね。

PR