妊娠中に虫よけスプレーはNG?!妊娠中の虫よけ対策について
5,118views

妊娠中に虫よけスプレーはNG?!妊娠中の虫よけ対策について

妊娠中に虫よけスプレーを使用していいの?こんな悩みを持つ妊婦さんも多いのではないでしょうか。夏になると、虫よけスプレーは必需品ですよね。特に、ここ数年はデング熱の影響から虫よけ対策を徹底する人が増えています。では、妊娠中にはどのような虫よけ対策をすれば良いのでしょうか?

夏の必需品、虫よけスプレーは危険?

妊娠中は蚊に刺されやすい!

夏に気を付けたいのが、蚊ですよね。近年では蚊に刺されることで発症するデング熱の影響で、夏の虫よけ対策がより重要視されています。多くの人が様々な虫よけ対策グッズを使って蚊に刺されないように対処しています。

妊娠中は蚊にさされやすい

蚊に刺されやすい体質の人と刺されにくい体質の人がいますが、妊娠中は特に蚊に刺されやすくなります。

その理由は、妊娠中は通常よりも体温が高いためです。また、妊娠後期になると二酸化炭素を多く排出するようになります。このことから、妊娠中はより虫よけ対策を徹底しなければなりません。

妊娠中に虫よけスプレーは危険?!

虫よけスプレーに含まれる成分が妊婦に望ましくない

夏の虫よけ対策の定番グッズといえば、虫よけスプレーです。体にスプレーするだけで蚊に刺されるのを防ぐことができるため、多くの人が使用していますよね。しかし、妊娠中に虫よけスプレーを使用することは望ましくありません。

妊娠中に虫よけスプレーを使うことが望ましくないと言われているのは、ディートという成分が含まれているためです。日本ではディートに関して特に規制はしていませんが、ディートの規制が厳しい国も中にはあります。

ディートが体に与える影響は、けいれん・脳症・皮膚炎・アレルギーなどです。日本では規制されていないものの、このような危険性から妊娠中はなるべく避けることをおすすめします。

妊娠中に虫よけスプレーを使うことで体に悪影響を与える危険性はそれほど高くありませんが、誤って虫よけスプレーを使用したことが妊婦にとって大きなストレスになることも考えられます。余計な心配を増やさないためにも、妊娠中は安全な虫よけ対策を行いたいですね。

妊娠中に出来る虫よけ対策

食べ物で虫よけ対策!

ビタミンB補給でも虫よけ対策できる

蚊に刺されやすい人の特徴として、ビタミンBが不足していることが挙げられます。蚊はビタミンBが不足している血液が好物なんだとか。そのため、虫よけスプレーが使用できない妊娠中はビタミンBを多く摂取して虫よけ対策を行いましょう。

ビタミンBは、肉類なら豚肉やレバー・大豆製品・魚類・葉物野菜・乳製品に多く含まれています。女性の体はもともとビタミンBが不足しがちなので、夏はこれらのビタミンBを含む食べ物を意識して摂取したいですね。

服装で虫よけ対策!

長袖を羽織って虫よけ対策

暑い夏は体温の高い妊婦にとって酷な季節ですが、虫よけ対策のために長袖を着用するよう心がけましょう。

長袖を着ることで、虫よけ対策だけでなく日焼けを防止することもできます。妊娠中は日焼けしやすいとも言われているため、外出の際にはぜひ薄めの長袖を持ち歩きましょう。

汗をかいていると蚊に刺されやすくなると言われています。そのため、妊娠中は汗をこまめに拭きとることも重要です。たったこれだけですが、虫よけには大きな効果が期待できます。

アロマオイルで虫よけ対策!

妊娠中に虫よけスプレーが使用できないことでお困りであれば、アロマオイルを使用してみましょう。

アロマオイルには虫よけ効果がありますし、天然成分ですので妊娠中でも安心です。

おすすめのアロマオイルはレモングラスです。レモングラスに含まれるシトラールという成分が虫よけに効果抜群です。レモングラスは、精製水やミネラルウォーターで薄めて使いましょう。

PR