妊婦のマタニティヨガ、3つのポーズで安産&産後ダイエットが叶う♪
805views

妊婦のマタニティヨガ、3つのポーズで安産&産後ダイエットが叶う♪

妊婦のマタニティヨガのなかで、基本的なポーズとなるものを紹介します。ほかにもたくさんの方法がありますが、家庭で無理なくできるのがこのポーズです。ヨガは安産にもつながったり、産後のダイエットにもなるため、妊娠中の方は是非取り入れて欲しい運動です。

マタニティヨガとは?

マタニティヨガは安産対策

妊婦のマタニティヨガは妊婦さんでもできる有酸素運動で、安産対策として筋肉を付けるためにも役立ちます。リラックス効果も高く、体への負担が少ないため自宅で利用したり、専用のマタニティヨガスクールなどで実践します。

・ 血流を良くして肩こりや腰痛に良い
・ ゆっくりとした呼吸でお産の練習ができる
・ リラックス効果が高い
・ 自宅でもできてスペースが必要ない

無理なく続けられる運動としてもおすすめで、産院でも積極的に勧めるところもあります。

マタニティヨガで注意すること

マタニティヨガは妊婦さんでも負担が無くできる運動ですが、必ずしも誰でも取り入れて良いものではありません。マタニティヨガスクール、自宅でやる際にも事前に医師の許可を得てください。

安定期に入ってからやるのが一番で、つわりが落ち着いたら医師に相談し、お腹の状態が問題なければ開始しましょう。

・ お腹が痛いときは無理しない
・ お腹が張ったら中断しよう

おすすめのマタニティヨガポーズ

マタニティヨガスクールでも実際に取り入れているヨガポーズを紹介します。自宅でもできるためやり方を覚えて実践してみてください。

骨盤の柔軟性を良くする

骨盤の柔軟性は妊婦に大事

骨盤の柔軟性を良くし、出産時に骨盤を開きやすくするポーズをやってみましょう。この方法は「合蹠」がっせきと呼ばれています。

① かかとの裏を付けて膝を左右に開く(骨盤を立てる)
② 息を吐きながら上半身を前側に倒します
③ 息を吸いながら上体を起こします

1日1回基本のポーズとして実践してみましょう。上体を前に倒すのが難しい場合は、ポーズを取るだけでも効果的です。体が固く足が開けない方は、無理の無い程度で実践してみてください。

猫のポーズ

妊婦につらい腰痛対策のポーズ

 

四つんばいになって猫みたいなポーズを取ると、腰痛対策になります。お腹が大きくなり腰痛を抱えやすい人におすすめです。まるで猫が伸びをしているようなポーズを取ります。

① 四つんばいになります
② 手は肩幅、膝は腰の幅に開きます
③ 息を吸いながら顎を上に向けましょう
④ 息を吐きながら頭を下に向け背中を丸めます
⑤ 腰を落とします
⑥ 腕を前に出し床に胸が付くよう伸ばします
⑦ 静かに座る姿勢に戻し終了です

妊婦につらい腰痛対策のポーズのつづき
普段使われていない背中がよく伸びとても気持ちが良いポーズです。腰痛対策にもなりますから、お腹が大きくなりすぎないうちから実践してみましょう。

リラックス効果が高いポーズ

ただ寝ているだけなのにとてもリラックス効果が高いのが「シャバ・アーサナ」と呼ばれるポーズです。全身の力が抜けていき、体の緊張状態から開放できます。

ストレスは妊婦さんにとって大敵ですから、定期的に実践しながら体をリラックスさせてください。

① 仰向けに寝て両手は軽く開き、足は腰幅に開きます
② 頭を左右に動かし後頭部を緩めます
③ 目の筋肉を緩めるように、眉と眉の間を開く感じ
④ 深呼吸をゆっくりとしながら、床に体が沈んでいくイメージを持ちます

実際にやってみると体がどれだけ普段緊張しているかがわかります。体の筋肉がほぐれ優しい顔の表情に変わっていきます。

5分間リラックスするだけでも1時間の睡眠に匹敵するともいわれており、毎日のヨガのポーズが終了したら実践してみましょう。

産後のスタイルキープにも

妊娠中からヨガを取り入れていると、産後のスタイルキープが早く叶うともいわれています。適度に筋肉を刺激することができ、体力が落ちません。産後も取り入れやすい方法のため、産後ダイエットとしても実践しましょう。

ちなみに藤本美貴さんも産後にヨガを取り入れてダイエットを成功した一人です。
彼女はグラヴィティヨガを採用し、15㎏も痩せたのだとか。

妊娠中はマタニティ専用のヨガ、産後はスタイルキープのためのヨガを取り入れるのもおすすめです。

PR