妊娠中やってはいけないことってなに?元気な赤ちゃんのためにできること
126views

妊娠中やってはいけないことってなに?元気な赤ちゃんのためにできること

妊娠中やってはいけないことを守って元気な赤ちゃんを出産しましょう。また、妊娠中の生活に注意をすることは安産にも関わるため、できるだけ守ってみては?妊娠中にやってはいけないことをポイントごとに説明します。

妊娠は生活を見直すチャンス

妊娠で生活リズムを見直す

妊娠前に不規則な生活や体に負担をかけることを行っていたのなら、妊娠を機に見直してみましょう。なかなか理想的な生活に切り替えるきっかけがつかめないこともありますが、妊娠はいい機会です。生活を改善することで赤ちゃんの成長や安産にもつながってくるため、ママだけでなく家族みなさんで改善に取り組んでみましょう。

妊娠中やってはいけないこと

タバコを吸う

妊娠中に喫煙しない

昔からいわれていることで、現在も変わらず妊娠中の喫煙は害でしかありません。最近ではタバコの広告やパッケージの表示にも妊娠中の喫煙を禁じる言葉が書かれるようになり、一層母子共に健康を害するものとされています。
パパや家族に喫煙者がいる場合は一緒に喫煙するのが赤ちゃんの健康のためにおすすめ。たとえ外で喫煙したとしても当分の間は肺などに煙が入っており、結局受動喫煙を招く可能性があります。

アルコールの摂取

妊娠中にアルコールを摂取しない
アルコールも胎盤でろ過されず胎児にそのまま届く成分のひとつです。しかも胎児にとって成長を阻害する恐れがあるもの。妊娠に気が付いたら出産を終えるまでの間は我慢しましょう。授乳中もアルコールの摂取は避けるべきですが、授乳が終わってすぐ少し飲み、その間の母乳はしぼって捨ててから飲ませるという方法もあります。

カフェインの摂取

妊娠中にカフェインを摂取しない
コーヒーや緑茶などに含まれているカフェインは、眠気覚ましにとりたくなるもの。妊娠初期には眠くなることが多いので、仕事をしている時などはカフェインに頼りたくなります。しかし、胎児にも母体と同じ量のカフェインがろ過されずに入るので胎児も興奮してしまいます。タバコやお酒ほどの害ではないものの、避けておきたい成分のひとつです。

冷えに注意

冷えは女性の体には大敵と言われますが、妊娠中は特に冷やさないようにしましょう。体が冷えると血流が悪くなり、その結果胎児へ酸素や栄養を送る血液の流れも悪くなりがちに。特に下半身は夏でも冷やさないように、冷房のきいた部屋では靴下をはいたり寝る時はお腹から下にタオルケットをかけて設定温度を低くしすぎないよう気を付けましょう。

市販薬を使う

妊娠中の医薬品の使用は、必ず産婦人科医師の指導のもとで行います。ドラッグストアなどで手軽に市販薬は購入できますが、妊娠前に使っていたからといってむやみに使用せず、どうしても使いたい時はその薬を持ってかかりつけの医師に相談しましょう。妊娠中には適さない薬であった場合、使える似た働きをする薬をすすめてくれるでしょう。

ペットがネコなら接触に注意

ネコのフンにいる可能性がある、トキソプラズマという寄生虫は妊娠前は感染したことがなくても、免疫力の落ちている妊娠中には感染してしまう人もいます。そして、個人差が大きいですが胎児に感染し障害が現れることも。
だからといって、家族の一員をすぐに手放したくないでしょう。ペットのネコと一緒に上手に暮らすには、接触したら必ず石けんで手を洗う、キスはしないなど清潔さを保つようにします。

なによりリラックス

妊娠中はリラックスする

妊娠するとあらゆることが気になって、やってはいけないことだらけのように思えてくるかもしれません。ですが、大切なことはリラックスしてストレスをためないことです。
母体や胎児にとって害になることでなければ、好きなことを積極的に行って気持ちよく妊娠期間を過ごすことがストレスの少ない生活になるでしょう。

PR