妊娠中の基礎体温の低下はキケン?その原因と対処法を解説
232views

妊娠中の基礎体温の低下はキケン?その原因と対処法を解説

妊娠中の基礎体温の低下はまったく起きないわけではありませんが、もし急激に下がった場合は注意が必要です。というのも妊娠中は高温期が続くため。ここでは妊娠中に基礎体温が急に下がった時の原因と対処法を説明します。

妊娠中の基礎体温

妊娠中の基礎体温
妊娠前は排卵などの関係により基礎体温には変化がありましたが、妊娠すると高温期が続くようになります。ふだんから基礎体温を付けていると、いつもより2日長ければ妊娠の可能性があり2週間以上続けば妊娠が確かなものに。可能性が高いと分かったときは、妊娠検査薬でチェックをしましょう。

妊娠中の基礎体温の低下の原因

胎盤の完成

妊娠中の基礎体温の低下の原因
妊娠初期は基礎体温の高温期が継続しますが、胎盤が完成する妊娠13週あたりからの安定期に入ると基礎体温はさがります。これは、妊娠初期は妊娠維持ホルモンが卵巣から分泌されていたものが今度はできあがった胎盤から分泌されることになるためです。

初期の場合、流産の可能性も

妊娠初期は、卵巣からの妊娠維持ホルモンにより基礎体温は高温期が続きます。しかし、安定期に入っておらず急に下がった場合は注意が必要です。たまに下がり、再び高温期の継続が始まれば特に問題はありませんが下がったままが続いていると、流産の可能性が出てくるからです。

妊娠の維持が必要なくなれば、卵巣からのホルモン分泌が止まり妊娠前の磯体温の変化へ戻っていきます。

出血がともなえばより注意

流産の兆候のひとつに出血があります。基礎体温の急な低下とともに出血がともなえば早めにかかりつけの産婦人科へ相談しましょう。妊娠初期の出血はよくあることですが、自己判断せずに医師にみてもらうと安心です。

妊娠初期、基礎体温が下がったと思ったら

まず病院へ

妊娠初期に基礎体温が下がった病院へ行く
特に出血や腹痛など症状があわせて起こっている場合、早めの受診が必要です。もし流産している場合、超初期であれば自然と出てしまうこともありますが初期には手術をして元の状態に戻す必要があるため。というのも、放っておくとガン化する恐れがあるからです。

使っている基礎体温計をチェック

急に基礎体温が下がったと分かった時、その基礎体温計は今まで使っていたものから変えていないでしょうか。別の基礎体温計ではかると数値に差が生じることがあるため前のものが使えるようならそちらでもう一度はかってみましょう。

妊娠初期の流産は受精卵に原因が

流産は妊婦さん全体の約1割程度に起こることで、珍しいものではありません。その中でも流産が起こる時期は妊娠1か月で1割、妊娠2か月で5割、妊娠3か月で3割と妊娠初期に集中しています。
これは妊娠中の生活に問題があったからでではなく、受精卵自体に原因がありそれ以上成長できなかったためです。

流産の兆候

基礎体温の急激な低下や出血、腹痛、おなかの張りなどが流産の兆候としてみられます。特に出血は微量ではなく生理の時のような出血量があり、生理痛とは違った痛みがともなうといわれています。

基礎体温が下がらない流産もある

稽留流産は、胎芽や胎児の成長が止まっても子宮の中にとどまっており、そのため妊娠維持のホルモンが分泌され続けているので基礎体温が下がらず高温期が続くという場合もあります。稽留流産には子宮内の残留物を取り除く必要があるため、手術が行われます。

流産を防ぐには?

流産は受精卵によって決まることがほとんどのため、それを防ぐことは難しいでしょう。流産しにくい受精卵を授かりたいとすれば、子供をのぞんだ時からでもタバコをやめる、ストレスの強い環境を避けるなどリラックスして健康に過ごせる環境をつくることです。

PR