絶対きれいに治す!妊娠線ができたら血行促進と肌の乾燥を防ぐことが肝心!
106views

絶対きれいに治す!妊娠線ができたら血行促進と肌の乾燥を防ぐことが肝心!

妊娠線ができたらなかなか治らないと言われています。なので妊娠線は予防することが大切なのですが、もしも妊娠線ができてしまっても温めたり、マッサージすることで改善することができます。ポイントは血行を促進させ新陳代謝を活発にすることと肌を湿潤に保つことです。

妊娠線ができたら治らない?!

妊娠線は妊娠中に急激に体型ができるためにできる肌のひび割れです。
この妊娠線は主に腹部にできるものですが、なかには太ももや二の腕など妊娠中に大きくサイズが変わった箇所ならどこにでもできます。妊娠線はできないように予防することが基本ですが、もしもできてしまった場合も適切に処置することで改善すると言われています。
ただし、妊娠線ができてから時間が経てば経つほど妊娠線は解消されにくくなると言われているので妊娠線ができてしまったときは早めの対処が肝心です。

妊娠線ができてしまったときは早めの対処が肝心

できてしまった妊娠線の治し方

妊娠線ができてしまっても、皮膚を柔らかくし、保湿することで早く改善できます。
具体的にはどのような対処が有効なのでしょうか?

【1】温める

妊娠線を改善するためには新陳代謝を活発にすることが大切です。そのために欠かせないのは血流を良くすることです。血流は全身運動をしたり、体を温めることで改善します。反対に体を冷やすことは代謝が低下し、細胞の修復や回復の速度がかなり遅くなってしまいます。

昼間は薄着をせず適宜カイロを使用して腹部を温めるようにし、夜は湯たんぽなどを使用して足元から血流をよくなるように努めましょう。

【2】マッサージする

すでにできてしまった妊娠線を改善するためには皮膚を柔らかくして皮膚の再生を助けることが大切です。皮膚を柔らかくするために必要なのはマッサージです。
マッサージといっても強い力で揉む必要はありません。とくに始めは肌表面を撫でるようにさすりましょう。これだけで皮膚は十分に柔らかくなります。そして肌の表面から徐々に柔らかくなったらマッサージする力を込めて行きます。
このマッサージはあくまでも皮膚の弾力を高めることと、血行を促進することが目的です。気持ちよいと思える範囲で行いましょう。より高い効果を期待するためには気になる部分を温めながら行うとよいでしょう。

【3】保湿する

十分な水分摂取も意識して行う

皮膚にできた妊娠線は肌の乾燥によってますます深くなります。そのため、妊娠線を解消するために保湿は絶対に欠かせません。
脂肪は温まりにくく、さめにくい性質があり、また脂肪が多い皮膚の表面は乾燥しがちです。そのため、他の部位が十分に潤っていても妊娠線ができやすい箇所は乾燥している場合があることを知っておきましょう。
また、体内に体脂肪が多い人は少ない人に比べて水分量が少ないと言われています。つまり、太っている人は体の内側から乾燥している可能性があることも知っておきましょう。そのため、十分な水分摂取も意識して行うようにします。

【4】オイルを塗る

妊娠線を早く治す方法として妊娠線にオイルを塗る方法があります。オイルを塗ることは肌表面から水分が奪われて乾燥することを防ぐという効果と同時に、細胞の再生を早くする効果もあります。
このような妊娠線を早く治すためのオイルとして有効なのはベビーオイル、ココナッツオイル、ひまし油です。これらのオイルは高い抗酸化力があり、肌の保護しながら修復する高い効果があります。寝る前などに塗って寝ると良いでしょう。
ただし、ひまし油だけはベタつきが強いので油を塗った箇所をラップで保護してリンネ類を汚さないように気をつける必要があります。

妊娠線は予防はいつから始める?

お腹が大きくなる前からケアをする

妊娠線はできてしまった後でも解消することができますが、できれば妊娠線は出来ないように事前に十分なケアをするほうが望ましいものです。
この妊娠線を予防するのはいつから始めるのが適切か知っていますか?
実は妊娠線を予防するためのケアを始めるのに良い時期は妊娠初期、もしくはつわりが落ち着いてからが望ましいのです。お腹が大きくなる前からケアをすることが大切なのです。妊娠線を予防するのに有効なケアはオイルマッサージです。この妊娠線を予防するマッサージは妊娠中の腹痛を予防する効果もあるので一石二鳥です。

PR