妊娠中に海老を食べても良いの?妊婦が海老を食べる時の注意点まとめ
297views

妊娠中に海老を食べても良いの?妊婦が海老を食べる時の注意点まとめ

妊娠中に海老を食べるのは控えるべきという話を耳にしたことはありませんか?この話を信用して、海老を控えている人も中には居るかも知れませんね。しかし、実際は妊娠中に海老を食べても問題ありません。ただし、妊娠中に海老を食べるなら注意点があるようです。

妊娠中に海老を控えるべきと言われる理由

海老に含まれる水銀が心配

妊娠したら魚介類は食べてはダメ?

妊娠すると、食べ物には様々な制限が掛かります。これまで大好きだった食べ物を我慢しなければならず、ショックを受けた人も多いでしょう。そんな妊娠中に制限される食べ物のとしてよく名前が挙がるのが海老です。
実際には海老は妊娠中でも食べて良いと言われていますが、なぜ控えるべきという話が広まってしまったのでしょうか?

まず、妊娠中は海老に限らず魚介類に含まれる水銀が気になる人も多いようです。確かに、水銀を多く摂取することによって赤ちゃんの先天性異常のリスクが上がると言われているため、妊娠中は水銀に十分注意しなければなりません。しかし、水銀は魚介類全てに多く含まれている訳ではありません。

魚介類の中でも水銀が多く含まれているのが、マグロや金目鯛、サメなどです。マグロの中でも、メバチマグロ、インドマグロ、黒マグロは特に控えるべきでしょう。このように水銀が含まれている事から海老も敬遠されがちですが、実は海老に含まれている水銀の量は前述した魚介類よりも少ないのです。
そのため、海老は魚介類の中でも比較的安全に食べることができます。ただし、少ないとは言え海老にも水銀が含まれているため、食べすぎには十分注意しましょう。

海老アレルギーが心配

妊娠中は甲殻類などのアレルギーが気になる

妊娠中に海老を控えるべきと言われる理由の2つ目が、アレルギーの問題です。海老や蟹などの甲殻類はアレルギー反応が出やすい食べ物として知られています。
このようなアレルギー反応が出やすい食べ物を妊娠中に食べることによって、胎児にアレルギー反応が出てしまうのではないかと心配されているのです。しかし、このようなアレルギーの心配も特に必要は無いようです。

ただし、ママが海老アレルギーの場合には妊娠中に海老を食べることはおすすめできません。そのため、元々海老が好きなのであれば我慢せずに食べても良いですし、元々海老アレルギーや海老があまり好きでない場合には無理に海老を摂取する必要は無いと思います。

妊娠中に海老を食べる際の注意点

妊娠中に海老を食べること自体は問題ありませんが、海老を食べる際にはいくつか注意点があります。妊娠中は注意点を必ず頭に入れて海老を食べることをおすすめします。

まず、海老の選び方ですがなるべく新鮮なものを選ぶようにしましょう。妊娠中は菌に感染しやすいため、海老に限らず魚介類は全て新鮮なものを口にすることが大切です。調理する前には下ごしらえを徹底することもポイントです。海老の場合ははらわたを取ってしっかりと水で洗い流しましょう。下ごしらえはサルモネラ菌の感染を防ぐことができます。

妊娠中に口に入れるものは全て鮮度に気を配って

また、いくら新鮮なものでも生で食べるのはNGです。海老だけでなく魚介類や肉類などにはトキソプラズマという菌が付いています。
そのため、妊娠中に生のまま食べるのは大変危険です。妊娠中はトキソプラズマに感染しやすいため、必ず加熱して菌を殺してから食べるように心がけましょう。

海老の摂取量も注意点の1つです。前述したように海老にも水銀が含まれている事から食べ過ぎは控えるべきです。目安の摂取量は1週間で227グラムから340グラムとなっています。ただし、これは海老だけでなく魚介類の目安摂取量ですので注意しましょう。

PR