妊婦が疲れやすい原因はホルモンバランス?その解消法を教えます!
76views

妊婦が疲れやすい原因はホルモンバランス?その解消法を教えます!

妊婦が疲れやすい原因として、ホルモンのバランスの変化などから起こる、体質が変わってしまうことが挙げられます。多くの人が、思うようにいかないことにストレスを感じているのです。しかし、無理はせずに、周りの人に助けを求めるのが実は、一番大切なのです。

妊婦が疲れやすい原因を探る

妊婦が疲れやすい原因

妊娠中は、普段の生活からは想像もつかないほどの疲れが襲ってきます。その期間は、妊娠初期、後期問わず全体的に疲れやすくなっています。
そして、その疲れとは、ホルモンバランスの変化による体質が変わったことが原因なのです。生理中に体がけだるくなったり、なんだか疲れたりしてしまう、あの症状と同じです。ただし、その期間が生理と比べて慢性的かつ、長期間になってしまうので、なんだか疲れやすくなったなと感じるのです。
また、妊娠初期は特に、お腹が大きくなることや、つわりなどから来る体質の変化にも戸惑ってしまい、精神的なストレスにも繋がってくることでしょう。

「もしかしたら自分だけ…?」と思ってしまうかもしれませんが、全ての妊婦さんに起こることです。過度な心配はせずに、お医者さんに相談をしてみると良いでしょう。

疲れやすくさせる黄体ホルモンって?

妊娠中に疲れやすくさせる黄体ホルモン

妊娠中には、黄体ホルモンが多く分泌され、基礎体温を上昇させる作用を持ちます。これは、受精、着床をさせやすくするため、赤ちゃんがお腹のなかで育ちやすくなるためには欠かせないことです。ただし、体温をあげるために、血流量を上げていて、それが由来して貧血になったり、疲れやすくなったりするのです。

他にも、乳腺の発達も促します。これは、赤ちゃんが生まれた後は母乳を出す必要があり、そのための準備を体が作り始めるサインなのです。
このように、黄体ホルモンは、赤ちゃんを産むための準備段階に体質を変化させてくれるホルモンです。つわりの原因にもなりますが、それが安定してくれば、つわりも収まり、元気な赤ちゃんを産む体が出来上がってくるでしょう。

対処法1:無理をしない

先ほどの話の通り、疲れやすくなるのは、妊娠中の体には仕方の無いことです。それを、自分だけかもしれないとふさぎこんで、誰にも言わずに無理をするのが一番よくありません。
まずは、疲れたと感じたら、家の人や、お医者さん、周りの人に伝えましょう。定期的に休みを取るのも良いですし、すぐに横になるようにするのも有効な手段です。
他にも、立っている時間が長くなってしまうのも、よくありません。座る時間を増やすようにしましょう。

少しでも無理が長く続くと、母体への影響は大きいものです。元気な出産をしたいのならば、赤ちゃんのことを第一に考えて、疲れたら休憩をこころがけてください。

対処法2:家族と取り決めをしておく

妊娠中は無理をしないように家族と取り決めをする

無理をしないということは、疲れたらやりかけの作業でもなるべく他の人にお願いした方が良いということです。そこで、家族の協力をなるべく仰ぐようにしましょう。洗いものや、お洗濯など、手伝ってもらえる人がいるのならば、事前に他の人が担当するようにしてもらいましょう。
出産準備ギリギリまで、働きたいという人は、なかなか難しいですが、上司の方や、同僚たちにできるだけ協力してもらえるか伺ってみるのも一つの手です。出産期間だけでも、配置換えをしてもらえるような制度の厚い会社にお勤めの際には、積極的に使っていきましょう。

仕事や、他の作業は他の人に代わってもらえますが、あなたの赤ちゃんを産むことができるのはあなただけです。赤ちゃんのことをしっかりと考えたうえで、どういう行動をするのかきちんと考えるようにしてください。

PR