妊娠中にインフルエンザになっても冷静に適切な対処が肝心☆重症化を防ぐ!
39views

妊娠中にインフルエンザになっても冷静に適切な対処が肝心☆重症化を防ぐ!

妊娠中にインフルエンザになると赤ちゃんへの影響が気になるものです。妊娠中にインフルエンザになる妊婦は実は結構います。そして、その多くの人は安全に出産をしているので過度に心配する必要はありません。もちろん、予防に気をつけることは大切ですが、なってしまっても重症化させないように落ち着いて対処しましょう。

妊娠中にインフルエンザは危険?!

妊娠中にインフルエンザは危険?!

妊娠中は免疫力や抵抗力が全般的に弱くなっているためにインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなっています。
インフルエンザは重症化するとお腹の赤ちゃんどころかママにも重大な影響が出かねないので軽視してはいけません。とは言え、過度に神経質になる必要もありません。

例えインフルエンザになったとしても重症化しないように努めることで被害を最小限にできます。
大切なのは発熱に慌てないこと、インフルエンザが妊婦にとって危険ではないと知って冷静に対処することです。

インフルエンザは赤ちゃんにどう影響する?

インフルエンザが赤ちゃんにどう影響するのか、それが気になって不安になるという妊婦さんは多いようです。
インフルエンザ自体が赤ちゃんに与える影響、インフルエンザによって母体が高熱になることによる赤ちゃんへの影響、そしてインフルエンザのワクチンや薬が赤ちゃんに与える影響、この3つの影響が主なものでしょう。

結論から言うと、インフルエンザは他の感染症に比べて赤ちゃんへの影響は少ないと言われています。
もちろん、妊娠の週数や持病などにもよるので絶対に安全とまでは言えませんがそれほど危険視するほどではないことは確かです。安心して医師の指示に従いましょう。

出産がわかったらインフルエンザ対策を確認!

出産がわかったらインフルエンザ対策を確認!

妊娠がわかったら「妊娠期間中にインフルエンザが流行りそうであるか」、また、その場合「どの型のインフルエンザが流行りそうであるか」が発表されたら産科の医師と相談してワクチンの接種をしたほうがよいか、しないほうがよいのかを決めましょう。

家族構成や地域によってはワクチン接種が望ましい場合があります。また、妊娠している本人がワクチンを受けなくても家族には受けておいた方が良いと言われる場合があります。仕事内容や勤務形態、出勤方法によっては不特定多数の人との接触がある場合には妊婦本人が気をつけても家族から感染する可能性があるからです。

インフルエンザを予防するために

インフルエンザはウイルス性であり、ウイルスが活動しにくい条件がわかっています。例えば、乾燥と低温に強いという特徴があります。このため、室内を加湿し快適な温熱環境を保つだけでもインフルエンザ予防に効果があります。

それ以外には玄関やトイレなどの取っ手はウイルスだけでなく雑菌も繁殖しやすう場所なのでこまめに除菌を行いましょう。というのも、適温で高い湿度はインフルエンザウイルスにとっては悪環境ですが多くの胃腸炎などを引き起こす雑菌には好環境になる恐れがあるからです。

インフルエンザになったら

まずは産科に連絡

インフルエンザになったらまずは落ち着くことです。インフルエンザになっても多くの妊婦さんは安全に出産しています。
インフルエンザであることが確定したら産科に連絡します。そこで指示があれば従いますが、なければ安静にして早くインフルエンザを治すことを注力します。

次に重症化を防ぐ

インフルエンザに感染することは母体に決定的なダメージにはなりません。気をつけるべきは重症化して高熱の期間が続くことです。

そのために必要なのは十分な水分と梅干しを摂取することです。インフルエンザのときに水分をたくさん飲むことは脱水症状を防ぐだけでなく、効率的に熱を体外に出す働きがあるために効果的です。
また、そのためには梅干しの塩分と排泄作用も有効です。

オススメの民間療法

オススメの民間療法

もし可能なら濃い味噌汁をできるだけ多く飲むようにしましょう。味噌には高いデトックス作用があり、水分や塩分、また体内の悪いものを体外に押し出す強い作用があります。
さらに温かい味噌汁を飲むことで発汗が促されることも良いことです。汗をかいたら定期的に寝間着を着替えて清潔に保つことも忘れないようにしましょう。

とくに病院から処方された薬を飲む場合には薬によって体が冷えたり、陰性に傾きます。これを素早く改善するためにもお味噌汁は役に立ちます。

PR