もう眠くて眠くて・・・妊婦が眠くなる原因と妊娠中の寝方
221views

もう眠くて眠くて・・・妊婦が眠くなる原因と妊娠中の寝方

妊娠初期は眠くなるという人がたくさんいます。もう眠くて眠くて仕方がないという人もいるくらいで、仕事をしている人にとってはちょっと困ってしまいますよね。妊婦が眠くなる原因と妊娠中の寝方に関してまとめました。

妊婦が眠くなる原因

妊娠すると眠くなると感じる妊婦さんはたくさんいます。
異常な睡魔は妊娠初期症状のひとつで、夜更かしなどしないで寝ているのに、日中眠くて仕方なくなるということがあります。

妊婦が眠くなる原因とは何でしょうか。また、眠い時、どんな体勢で寝たらいいのでしょうか。妊娠中の寝方についてもご紹介します。

妊娠初期に眠くなる原因とは?

妊娠初期に眠くなる原因

妊娠初期に眠くなる原因は、黄体ホルモンの影響によるものです。妊娠すると黄体期が続くので黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌され続けます。プロゲステロンは睡眠薬と同じくらい眠気を催す作用がありますので、通常より分泌量の増える妊娠初期にはどうしても眠くなってしまいます。

また、黄体期は体温が高めです。黄体期はイコール高温期なので、身体が熱っぽくなります。通常、夜眠くなるタイミングは体温が下がる時ですよね。
しかし、妊娠初期は黄体期の続きで体温が高めなので、夜の寝つきが悪くなったり、睡眠の質が悪くなったりします。これにより日中眠くて仕方がないという状態に陥ってしまうのです。

妊娠中の楽な寝方

妊娠中の楽な寝方

妊娠初期に眠くて眠くて仕方がないという症状は、上記の通りいわゆる生理現象の一つなので、受け入れて上手く付き合っていくしかないでしょう。

仕事をしている妊婦さんは睡魔との戦いで大変かもしれませんが、軽く身体を動かしたり口に物を入れたりして紛らわせるように工夫してみてください。10分でも寝られればずいぶんスッキリしますので、休憩時間や昼休みなどを利用して仮眠をとるのもオススメです。

また、妊娠中の寝方についてもご紹介しましょう。お腹の赤ちゃんのことが気になってどんな姿勢で寝ればいいのだろうと心配になる方もたくさんいます。楽な姿勢もありますので、お腹が大きくなった時にはぜひ試してみてください。

妊娠初期から中期の寝方

妊娠初期は、どの妊婦さんもお腹が大きくなっていません。お腹の赤ちゃんも本当に極小さくて、しかも羊水の中でプカプカと浮いている状態です。

そのため、どのような寝方をしても、お腹の赤ちゃんに影響することはありません。妊娠初期から中期にかけてのお腹が目立たないくらい小さいうちは、妊婦さんにとって最も楽な姿勢で眠るのが一番でしょう。
むろん、うつぶせで寝ても全然大丈夫です。お腹の赤ちゃんがつぶれてしまうということはまずありませんので、それが一番心地よいというのであれば、どうぞうつぶせで寝てください。

妊娠後期の寝方

妊娠中期すぎから後期にかけては、お腹が大きくなってきます。そうなるとお腹が邪魔して好きな姿勢では寝られなくなってきます。
子宮の大きさも大人の頭より大きくなってきますので、仰向けの姿勢が辛くなってきます。うつぶせもお腹を圧迫するために出来なくなってきますので、そのような時はシムスの体勢が一番です。

シムスの体勢とは、上半身を半分うつぶせのような姿勢にして、下半身は横向きにし、上になった方の足を曲げるという寝方です。左右どちらを上にしても大丈夫なので、楽な方を上にして足を曲げてみてください。
ただし、むくみが酷いという時には、右を下にすると静脈近くのリンパが圧迫されて血流が悪くなることがありますので、右を上にして寝た方が良いでしょう。

シムスの体勢が上手くできないという人は、抱き枕やクッションを足に挟んでみてください。産後のために授乳クッションを用意している人はそれも使えますので、試してみてください。

PR