妊娠中の股の痛みはなぜ起こる?妊娠中の股の痛みの原因と対処法
4,826views

妊娠中の股の痛みはなぜ起こる?妊娠中の股の痛みの原因と対処法

妊娠中の股の痛みを訴える妊婦さんは多いようです。特に、お腹が大きくなる妊娠後期に股関節痛がある方が多く、歩くのがつらいという妊婦さんもいらっしゃいます。妊娠中の股の痛みはなぜ起こるのか、その理由と対処法についてご紹介しましょう。

妊娠中の股の痛みを何とかしたい!

妊娠中の股の痛みは、妊娠後期に良く起こります。せり出したお腹が、歩き方を変えてしまい、妊娠をしていないときと同じスピードで歩くことが困難になる妊婦さんもいらっしゃいます。つらい妊娠中の股の痛みの原因と対処法についてご紹介しましょう。

妊娠中の股の痛みの原因は?

妊娠中の股の痛み

妊娠中に股の痛みが起こる原因は、女性特有の骨盤の形状と、妊娠による女性ホルモンの2つがあります。

【女性の骨盤の形】
女性の骨盤は男性の骨盤と比べて平べったい形をしており、その形状によって腰痛を引き起こしやすくなっています。さらに、妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんが成長し、お腹が前にせり出す形となります。妊娠をしていないときは、背骨がまっすぐになる正しい姿勢で歩くことができますが、妊娠時にはおなかの重みで首が前に出るような形で歩いてしまい、そのことで骨盤が前傾します。それが原因となって腰痛を引き起こしてしまいます。妊娠中に股の痛みを感じるのも、赤ちゃんの重みでいつも以上に骨に負担が掛かっているからです。

【女性ホルモンの分泌】
妊娠中は、女性ホルモンが分泌されます。女性ホルモンの1つであるリラキシンには、出産のときに赤ちゃんが楽に出られるように、靭帯をゆるめる働きがあります。このリラキシンンの働きによって、骨盤周りの靭帯がゆるみ、それを支えている筋肉や腱へ負担をかけることになります。妊娠中の股の痛みの原因は、女性ホルモンリラキシンの影響で靭帯がゆるまることによっても起こります。

妊娠中の股の痛みを軽減させるためには、生活習慣を見直すこととストレッチがあります。この2点について詳しくご紹介しましょう。

生活習慣を見直して妊娠中の股の痛みを緩和しよう

娠中の股の痛みを緩和

妊娠中の股の痛みを緩和させるために、毎日の生活習慣を見直しましょう。
毎日のアイロンがけや食事の用意、入浴などで注意をすることをご紹介します。

【掃除の注意点】
掃除で床拭きなどの雑巾がけをするときは、なるべく前傾姿勢になる時間を減らすようにしましょう。両足の裏をぺったりと床につけて、自分の周りの床を少しずつ雑巾をかけていく方法がおすすめです。雑巾を前に置いて両手で頭を下にして拭くようなやり方は、股の痛みを悪化させてしまいます。

【アイロンがけの注意点】
アイロンをかけるときは、床にアイロン台を置いて横座りをすることがあるかもしれません。横座りをすると、骨盤をゆがめてしまい、股の痛みにつながります。小さな椅子に腰かけてアイロンをかけると、腰への負担が減るのでおすすめです。

【炊事の注意点】
食事の用意をするためにキッチンに立つ時間が長いと、腰に負担を掛けてしまいます。途中で座って適度な休憩をとったり、足首やふくらはぎをマッサージして、長時間の同じ姿勢で立つことを避けましょう。

【入浴時の注意点】

娠中の股の痛みを緩和入浴時の注意点
お風呂に入るときは、夏の暑い日でもシャワーだけですませることがないように、ゆっくりと湯船につかって疲れを癒しましょう。

妊娠中の股の痛みをストレッチで改善!

妊娠中の股の痛みを軽減できるストレッチ法をご紹介します。

①床に両手をついて四つん這いの姿勢になります。
②両手は肩幅に開き、息をすってお腹をゆっくりと床に近づけていきます。
③5呼吸数えたら、背中を天井へあげるようにして動かします。

このストレッチを3回ほど繰り返すと、腰が少し楽になると思います。
ストレッチをするときは、体調を考えて気分が悪いときには控えておくようにしましょう。

PR