着床出血後の陰性から妊娠が発覚した!これってなぜ??
132views

着床出血後の陰性から妊娠が発覚した!これってなぜ??

着床出血後の陰性から妊娠が発覚することがあります。これは妊娠検査薬を適切な時期に使用しなかったために着床していても十分にhCGというホルモンの分泌量が少なかったために正しく判定できなかった場合におこります。このようなことを防ぐためにも妊娠検査薬は生理予定日、1週間後以降に使用しましょう。

着床出血後の陰性から妊娠発覚?!

着床出血後の陰性から妊娠発覚?!

ベビ待ちしている人にとって着床出血は嬉しい妊娠サインです。

着床出血は妊娠した人全員に訪れるものではありませんが、最近では3人に1人は着床出血を経験したというアンケート結果も出ており、比較的多くの人が経験しています。着床出血は通常の生理よりもやや早い段階である出血で普段の生理に比べて色や臭いが少ないことが特徴です。

また、出血量もごく僅かであることが多いようです。この着床は妊娠のサインと言われていますが、不正出血や早めの生理という可能性も否定できません。そのため、早く確かなことが知りたいと思い、妊娠検査薬を使用する人も少なくないようです。

しかし、着床出血を確認してすぐに妊娠検査薬を使用してもほとんどの人は陰性反応になるようです。そして、数週間して妊娠が発覚する、というケースがあります。妊娠していなかったと思っていたところに妊娠が発覚するため、思いがけない嬉しさだった、という人もいます。

妊娠しているのに陰性反応がでる理由

妊娠しているのに陰性反応がでる理由

しかし、妊娠していたのに、なぜ妊娠検査薬では陰性反応がでるのでしょうか?

実は妊娠検査薬は受精卵が着床してから徐々に増えるhCGというホルモンがある程度の濃度に達したときに陽性と判定されるという仕組みになっています。そのため、着床していても、このホルモンの分泌が少ないと妊娠検査薬では陰性と判定されてしまいます。

このような誤用を避けるために、妊娠検査薬の説明書には妊娠検査薬を使用する時期についてきちんと明記されています。例えば、生理開始予定日の7日間を過ぎてから、などという意味の文言があります。

着床出血が生理予定日の一週間前から数日前にあるとしたら、着床出血を確認してすぐに妊娠検査薬を使用すると適切な使用時期よりも10日から2週間も早い時期での使用になってしまいます。

着床していてもすぐには妊娠判定はできない

着床していてもすぐには妊娠判定はできない

12 Weeks / rusty.grass https://www.flickr.com/photos/rustygrass/3350735921/

このため、妊娠検査薬はきちんと使用時期を守って使用することがなによりも大切です。

早めに妊娠の有無を確かめたい気持ちはわかりますが、そのはやる気持ちのために不適切な時期に検査をしても正しい検査結果にはなりません。

また、病院にいく時期も同様です。あまりに早く行っても病院では妊娠の可能性を指摘されることはあっても、妊娠を確認することはできません。結局「3週間から4週間後に再度来てください」と言われるだけです。

陽性反応は妊娠確定ではない!?

陽性反応は妊娠確定ではない!?

Pregnancy Test / http://snow.ipernity.com https://www.flickr.com/photos/isnow/5700736622/

一方、妊娠検査薬で陽性反応がでても、必ずしも妊娠していないことがあることも知っておきましょう。

例えば、閉経前後のホルモンバランスが乱れがちな時期や中絶や流産の直後などの場合に陽性反応がでる場合があります。とくに妊娠初期は化学流産と呼ばれる受精卵に問題がある場合に定着せずに流産するということも多くあり、このような場合に一旦陽性反応がでることがあります。

また、病気が原因で陽性反応がでる場合があります。具体的には糖尿病や卵巣癌、肺がんなど悪性腫瘍が体のどこかにできている場合にも陽性反応が出ることがあります。

妊娠の可能性がある場合には刺激物を避ける!

妊娠の可能性がある場合には刺激物を避ける!

prayer flag no smoking / normanack https://www.flickr.com/photos/29278394@N00/2586799221/

妊娠検査薬はあくまでも妊娠を知る一つの目安として使用し、また、適切な時期で使用しなければ意味がないことも知っておきましょう。

ただ、着床出血と思わわれる出血があったときには妊娠していることを考えて、刺激物を避けたり、喫煙、飲酒などを控え、規則正しい生活リズムとビタミンやミネラルを多く含んだ食事の摂取を心がけましょう。

PR