着床時期の過ごし方について!着床の確率を高める方法はあるの?
235views

着床時期の過ごし方について!着床の確率を高める方法はあるの?

妊娠を望む人にとって、着床時期の過ごし方は気掛かりの1つですよね。過ごし方によって着床の確率が変わるのであれば、なるべく意識して生活したいものです。では、着床時期には具体的にどんな過ごし方をするのが望ましいのでしょうか?運動や食生活、精神面に分けて見ていきましょう。

着床時期は妊娠のために重要な時期です

着床時期に起こる症状

着床時期とは、受精卵が細胞分裂を繰り返しながら子宮へと移動し、子宮内膜に着床するまでの時期を指します。

妊娠は着床によって成立するため、妊娠するためには着床時期がとても大切な時期と言えます。この時期は、体にも様々な不調が表れやすくなります。

着床時期の症状の代表として挙げられるのが着床出血です。

着床出血とは受精卵が子宮内膜に着床する際に出血することですが、これを経験しない人も中にはいます。着床出血は色が茶色で月経時よりも出血量が少ないことが特徴です。
しかし、月経との見分けが付きにくいことから着床出血に気が付かないことも珍しくありません。

着床出血に気が付かないことも珍しくありません

着床時期の症状は他にも様々なものがあります。

お腹の張りや下腹部痛、眠気など生理前に似た症状が表れます。
また、頭痛や微熱、倦怠感など風邪の症状にも似ています。
しかし、これらの症状も表れ方に個人差があります。はっきりと症状が感じられる人もいれば、全く症状を感じない人もいます。

着床時期は安静にするべき?

前述した通り着床時期は妊娠にとって大切な時期ですので、過ごし方が気掛かりになってしまう人が多いようです。

着床時期は安静にすることが大切という話をよく耳にしますが、実際には安静にすることが着床の確率を高めるとは言えません。ただし、普段の生活習慣が乱れているのであれば、なるべく規則正しい生活習慣を身に付けることが大切となります。

喫煙は不妊の大きな原因とも言えます

着床時期はもちろんですが、普段から注意したいのが喫煙と飲酒です。

喫煙は不妊の大きな原因とも言えますし、妊娠後は胎児にも大きな悪影響を与えます。そのため、妊娠を考えているのであれば早い段階で禁煙しましょう。

また、妊娠後の飲酒も胎児に悪影響を与えます。着床時期は妊娠の可能性がゼロとは言えない状態です。そのため、なるべく飲酒を控えることが望ましいでしょう。

着床時期の過ごし方について

安静よりも適度な運動が効果的?

着床時期は子宮内膜を着床しやすい状態にすることが大切です。そのためにぜひ行いたいのが適度な運動です。
ストレッチやウォーキングなどの運動をすることで血行が促進され、子宮内膜にも十分な血液が送られます。

適度な運動で血行促進

着床時期は血行促進が大切ですが、そのためには姿勢にも注意しましょう。
姿勢が悪いと血行不良を引き起こし、冷えの原因にもなってしまいます。体の冷えは不妊の原因とも言われているほど大敵です。普段から良い姿勢を心がけ、血行を良くしておきましょう。

血行を良くする食生活を心がけましょう

着床時期の過ごし方として、食生活も意識しましょう。
運動面でも挙げた通り、子宮内膜を着床しやすい状態にするには血行を良くすることが大切です。そのため、着床時期はいつも以上にバランスを意識した食事を摂る必要があります。また、それに加えて血行を良くする食べ物を積極的に食べましょう。

血行を良くする食べ物として、アジやイワシなどの青魚、海草類、納豆などがおすすめです。
また野菜類であれば、玉ねぎ、ネギ、にんにく、生姜、人参、ゴボウなどがおすすめです。

ストレスは不妊の大きな原因!

着床時期の過ごし方の中でも最も重要と言っても過言ではないのが精神面です。

ストレスは不妊の原因とも言われるように、過度のストレスは体に様々な悪影響を及ぼします。そのため、着床時期はなるべくストレスを溜めずにリラックスした状態で過ごしましょう。

着床時期は安静にするべきとよく言われているのは、ストレスを溜めないことが大きな理由になっているのかもしれませんね。

PR