放っておくと大変なことに・・・早い段階なら自分でも何とかできる!?乳腺炎の治療について
64views

放っておくと大変なことに・・・早い段階なら自分でも何とかできる!?乳腺炎の治療について

乳腺炎は母乳を与えている女性なら誰でもなる可能性があります。母乳を与えている時期は育児で毎日忙しく過ごしている時期でもあります。ついつい自分のことは後回しにしてしまいがち。でも、乳腺炎を放っておくと後々大変です。もしかしたら・・・と思ったら早めに乳腺炎の治療をしましょう。

乳腺炎とは?

乳腺が炎症を起こしてしまう

乳腺炎とは乳腺の炎症

乳腺炎はその名の通り、乳腺が炎症を起こしてしまうことが原因です。ただし、乳腺炎にははっきりとした基準がありません。自分でいつもと違うなと感じることがあれば、もしかしたら乳腺炎になりかけている可能性があります。
乳腺炎がひどくなると、授乳ができなくなってしまうことがあります。

こんな症状があったら乳腺炎の可能性あり!

おっぱいにしこりがある

授乳前はパンパンになっていても、授乳後は柔らかくなっているママの胸。しかし、一部分だけコリっとしたしこりのようなものができているように感じることがあります。乳腺が詰まって、母乳の通りが悪くなるとこのしこりができてしまうことが多いです。

最初は1箇所だけでも、そのまま放置しているとおっぱい全体がしこりの塊のようになってしまうので早めに対処しましょう。

おっぱいに痛みがある

乳腺炎になりかけている段階で、胸にチクチクとした痛みを感じることが多いです。このチクチクとした痛みがだんだんひどくなり、胸にちょっと触れただけでも激痛がはしるようになってしまうこともあります。

母乳を飲ませているときに痛みを感じたりする場合も、乳腺炎になりかけているか既に軽い乳腺炎になってしまっている可能性があります。
また、乳腺炎になっている場合は「詰まっている」わけですから、母乳の出がいつもに比べて何だか悪いなと感じることもあるようです。

炎症でおっぱいが赤く腫れる

炎症を起こしてしまった乳腺の近くが赤くなってしまうことがあります。この赤く腫れたのを見て、異変に気がつくお母さんも少なくありません。
赤くなっている=その場所は炎症を起こしている、ということなので、触ると痛いです。

熱が出る

乳腺炎の症状

乳腺炎を経験したお母さんの多くが発熱も伴っています。しかも、39度~40度といった高熱が出ることが多いようです。授乳中なので、安易に解熱剤は飲めませんが、葛根湯を飲んでいる人は多いです。葛根湯はドラッグストアでも購入できますし、産科や婦人科で相談すれば処方してもらうことができます。

熱が出ると関節など節々にも痛みを感じることが多いようです。また、マッサージなどで乳腺が詰まっていたのが改善されると熱も下がってしまった、なんて経験をした人もいます。

乳腺炎と言われたら、どうやって治療するの?

乳腺炎は赤ちゃんに飲んでもらって治す!

一番の乳腺炎の治療法がコレ!しこりを押さえながら飲んでもらうと効果的です。ただし、乳腺炎になっているときの母乳はそうでない時と比べておいしくないそうです。そのために赤ちゃんが母乳を飲むのを嫌がってしまうこともあるようですが、何とか頑張って飲んでもらいましょう(笑)

乳腺炎になりかけている初期の段階であれば、病院に行かなくてもこれで治ってしまうこともあります。
母乳の状態も明らかにいつもと違うので、そのまま飲ませても大丈夫なのかと心配になりますが、全く問題ありません。

食事を和食中心にする

乳腺炎の治療

甘いもの、脂っこいものは乳腺炎を起こしやすくしてしまいます。普段の食事を和食中心にして野菜をしっかりと摂るようにすることで乳腺炎の治療・予防に役立ちます。

母乳マッサージを受ける

マッサージで詰まっている乳腺を刺激して、母乳の通りをよくするようにしてもらいます。初期段階なら自分でマッサージしてつまりを解消することも可能です。

ただし、自分ではどうにもならない場合や乳腺炎を繰り返してしまうというタイプの人は、助産院や母乳外来などがあるような場所を見つけておいて、乳腺炎の治療が必要なときは専門家に相談できるようにしておいた方が良いです。

PR