子供の咳を止める方法が知りたい! 病院へ行くかどうかはどのように判断するの?
169views

子供の咳を止める方法が知りたい! 病院へ行くかどうかはどのように判断するの?

夜中にコンコンと咳をしてつらそうな子供を見ると、大丈夫だろうかと心配になりますよね。子供の咳止める方法をいくつかご紹介しましょう。また、咳で病院へ行くかどうか、迷うことがあると思います。病院へ行く判断基準についても勉強しましょう。

2種類ある子供の咳

2種類ある子供の咳

子供の咳には、2つの種類があります。咳の種類によって、子供の咳止めるのが良い場合と、そうでない場合があるため、まずは子供の咳の種類を知っておきましょう。

止めて良い咳とダメな咳

子供の咳は2種類あって、まず1つ目は、コンコンというような乾いた咳です。乾いた感じの咳は止めても大丈夫です。コンコンという咳は、中枢神経が刺激されるために出る咳で、出続けると、子供の身体に負担が掛かってしまいます。よって、止めてあげた方が良い咳ということになります。

2つ目は、ゼロゼロというような少し湿った咳です。痰が絡んでいるような感じの咳は、無理に止める必要はありません。湿った咳が出るということは、喉と気管支炎に炎症が起こっており、そこから出る痰などの分泌物が増加し、それが器官に引っかかっているので、咳をして出してあげなければいけません。咳を止めてしまうと、分泌物が出てこないため、苦しくなってしまいます。

子供の咳は、ひどくなる時があります。咳が出やすいのはいつなのか、また状態にあわせて、咳を止める方法をご紹介しましょう。

子供の咳が出やすい時と対処法

子供の咳が出やすい時と対処法

【寝入ったとき】
子供の咳は寝入るときにひどくなる傾向があります。子供が眠りにつくときは、体が休まり、副交感神経の働きが高まります。それによって、気道からの分泌物が多くなるため、頻繁に咳をするようになります。さらに、体温の高低によっても分泌物が増えるため、寝るときに布団で体が温められたり、朝方寒くなって体が冷えると、コンコンと咳をするようになります。

(対処法)
このような咳がひどい場合は、体を起こして抱いてあげるとおさまることが多いです。また、のどや気管が敏感な子供は、空気の乾燥で、のどがヒリヒリして咳が出ることがあります。乾燥しているなと感じたら、加湿器で湿度を上げて、空気の乾燥を取り除くと、咳が治まる場合があります。
あまり咳がひどい時には、激しい遊びや外遊びを控えるようにしましょう。咳が軽くなれば、あたたかい時間を選んで遊んでも大丈夫です。

*市販の薬について*

子供の咳に市販塗り薬での対処
市販されている薬の中に、胸に塗って咳を治める薬があります。それを塗ることで、子供が気持ちいいと感じるのであれば、使ってみても大丈夫です。ただ、皮膚の弱い子供はかぶれる恐れがあるため、パッチテストでかぶれないかを試してから使うことが大切です。(パッチテストは、二の腕の裏側のやわらかい部分に、少し薬をつけて24時間そのままにしておきます。それで、腫れたりかぶれたりしていないければ、大丈夫です。)
子供の咳で病院に行くかどうか迷うことがありませんか?病院に行く判断基準についてご紹介しましょう。

子供の咳で病院に行く基準とは?

咳と一緒に吐いてしまうと、何か病気かもしれないと思いますよね。咳をすると、お腹に力が入ってしまうため、胃が圧迫されて吐いてしまうことがあります。もし、吐いてもケロッとしているようであれば問題ありません。ただ、息をするのがとても苦しくて、顔色が悪い場合はすぐに病院に行く必要があります。

また、顔が真っ赤になって乾いた咳をするような場合は、粘膜が炎症を起こして、気道が狭まっている可能性があるため、急いで病院に行くようにしましょう。

PR