ただの風邪?それとも肺炎?子供の咳がひどい。咳の種類と症状によって分かる子供の病気とは?
695views

ただの風邪?それとも肺炎?子供の咳がひどい。咳の種類と症状によって分かる子供の病気とは?

発熱と同じくらいしょっちゅう症状が出てくるのが子供の咳。子供の咳がひどい場合、考えられる病気はどんなものでしょうか?早めに病院に連れて行った方がいいのか、それとも様子をみた方が良いのか?子供の咳がひどい場合に考えられる病気について、咳の種類や咳をしている期間、その他の症状別にまとめました。

子供の咳がひどい・・・気になりますよね。

子供の咳

発熱と同じように頻発する咳。最初は少しだけだったのに、そのうちにどんどんと子供の咳がひどいようになってくる・・・そんなことはしょっちゅう。そんなお子さんも多いのではないでしょうか?発熱がないのに咳が続く、あるいは夕方になると咳と共に発熱がある、など咳にまつわる病気とその症状についてまとめました。

「ケンケン」「コンコン」と高い、かすれた咳が続く

犬の鳴き声のような咳だったり、コンコンと喉の奥から響くような比較的高い音の咳の場合ありますか?

これは「グループ症候群」と言って、ウィルス性の病気の場合に起こる咳です。このウィルスによって、のどが腫れて気管の通りが悪くなる場合に、このような咳が続きます。犬吠様咳嗽やRSウィルス、インフルエンザなどがこのグループ症候群に区別されます。
多くの場合が、発熱などの症状も出てくる場合がありますが、比較的咳の症状は夜の方が多いと言われています。夜に咳が酷くなり、朝にはその咳が出てこないといったこともあります。
ウィルス性のグループ症候群は、喉が腫れてしまうので、呼吸困難になってしまったりして、重篤化しやすいため、早めに受診した方が良いでしょう。昔は即入院と言われていましたが、最近では投薬でも治癒できるようになったので、そこまで心配することもありません。

肺炎によって咳が続く、咳がひどい場合もある

子供の咳の原因が肺炎だった場合

グループ症候群と同様な細菌やウィルスなどで肺炎にかかってしまう場合もあります。一番怖い病気は細菌性肺炎で、乳幼児がかかってしまうと比較的致死率が高くなってしまうため、最近では予防接種を受けるようになりました。
これらの肺炎は発熱を伴うケースがほとんどになり、食欲不振、発熱、そしてぐったりしてしまうケースが多くなります。咳も続き、夜になると咳と共に熱も上がってきます。インフルエンザやマイコプラズマなど様々なウィルスによって肺が炎症を起こすため、ゼイゼイといった咳もみられます。
夜の熱や咳にも気をつけながら、症状をきちんと説明し、医師の診断結果を聞きましょう。肺炎も早めに治療することで、症状も変わってきますから、すぐに診察することをおすすめします。

アレルギーによる咳が原因かも!?

アレルギーが原因による子供の咳

熱はないのに、咳が続く、あるいはゼイゼイしてしまう、また、運動すると呼吸が辛く咳をしてしまう、などの場合には、アレルギーによる気管支炎かもしれません。特にアレルギーを持っているお子さんは、チリやほこり、あるいはダニなどによるアレルギーである可能性もあります。
症状次第では、夜眠れなくなってしまったり喘息を引き起こしてしまったりするため、早めに医者で診察してもらうことが必要です。アレルギーの場合、何が原因でアレルギーを引き起こしているのかが分かれば、比較的対処しやすいものです。

たかが咳・・・されど咳・・・

一番気をつけてほしいのは、咳と共に現れている症状、そして子供の咳がひどい状態がいつなのかを注意してみましょう。その症状や特徴が分かればすぐに対応することができます。子供が元気であれば、そこまで神経質になることはありませんが、長引いたり発熱などがあった場合は病気やアレルギーを心配し、対応することが大事です。

早めの治療は、症状を悪化させることもありません。咳に敏感になるのではなく、普段からお子さんの様子を見ておくと、普段と違うことが分かりますよ。

PR