危険!朝食をとらない子供たち 成績低下にイライラ増加 朝食の重要性
79views

危険!朝食をとらない子供たち 成績低下にイライラ増加 朝食の重要性

朝食をとらない子供たちが増加していると言われています。朝食をとらない子供は、学校で授業を受けても頭がぼーっとしてしまい、勉強が頭に入ってきません。また、朝食をとらないと、イライラしたり体がだるくなったりとデメリットがたくさんあります。朝食の重要性についてご紹介しましょう。

朝食をとらないとどうなるの?

朝食をとらないとどうなるの?

平成24年度の文部科学省の調査では、小学校6年生で9人に1人、中学校3年生で6人に1人の割合で朝食をとらない子供がいることが分かりました。朝食を食べなければどのようなことが起こるのでしょうか?また、子供たちはなぜ朝食をとらないのでしょうか?

朝食をとらない理由は?

朝食をとらない理由は?

朝食をとらない子供たちは、なぜ食べないのか、その主な理由として、朝食をとる時間がなかったり、食欲がなかったりということがあります。

朝食をとる時間がないというのは、11歳のおよそ8割以上の子供たちの就寝時間が22時以降となっているからです。また、その子供たちの中には夜食を食べている子供もいるそうです。夜型の生活を送っていると、それだけ起床時間が遅くなり、早起きできなくなるため食欲がなくなってしまいます。

朝食をとらないことで起きる3つの問題

朝食をとらないことで起きる3つの問題

朝食をとらないとどのような問題が起こるのか、主な3つの問題についてご紹介します。

【イライラが増える】

朝食を食べないと、脳がしっかりと働かず、体もエネルギー不足となるため、疲れやすくなったり、イライラが増えたりしてしまいます。傷害で歩行された子供のおよそ55%が朝食を食べていないという結果が出ています。朝食をとらない子供は、イライラしたりキレやすい子供になってしまいます。

【学力が低下する】

朝食をとらない子供は食べている子供と比較して成績が悪いことが分かっています。朝食をとらない子供は栄養が脳にまでまわらず、授業中もぼーっとしてしまいがちになります。学力向上のためにも、早起きをして朝食をしっかりととることが大切です。

【正常な体温が保てない】

朝食をとらない子供の体温は低いことが分かっています。低体温の子供は、学校に行っても活動的に行動ができないため、休み時間なども教室にこもりがちになります。

しっかりと運動をしないため、昼食もあまり食べずに元気がない子供が目立つようです。また、低体温の子供は日中に眠気を感じることが多く、学習意欲の低下にもつながってしまいます。

早寝 早起き 朝ごはん!朝食をしっかり食べよう

早寝 早起き 朝ごはん!朝食をしっかり食べよう

Smiling Reese / donnierayjones https://www.flickr.com/photos/donnieray/16197041882/

朝食をしっかりと食べるためには、早く寝ることが大切です。夜更かしをせずに朝早く起きることで、朝食前に運動をしたり体操をすることもできます。朝運動をすることで、一日の基礎代謝を上げることができます。

朝食前に、ウォーキングやラジオ体操などの簡単な運動をすることによって、脳が活性化するという報告もあります。シカゴにあるネーパーヴィル・セントラル高校では、0時間目として授業が始まる前にランニングで身体を動かしています。

0時間目の授業を行うことによって、クラス全体の学力成績がアップしたようです。運動をすることによって、脳の血流が高まり、酸素や栄養素が行き渡るため、脳が活発になり成績アップにつながったのではないかと言われています。

また、朝食前に運動をすることによって、腸の運動を促進できます。腸が動くことによって空腹感が得られ、しっかりと朝食をとることができるのです。子供の学力向上や生活リズムを整えるためにも、早寝早起き朝ごはんを心がけることが大切です。

PR