厳しくしてもダメ?登校拒否への対応は最初が肝心!
69views

厳しくしてもダメ?登校拒否への対応は最初が肝心!

登校拒否への対応は誤ってしまうと、大人になってからもっと厄介な問題になりかねません。そのため、ささいなサインを見逃さず、また最初から結論ありきではない対話が求められます。親の希望よりもまずは子どもの本心を聞き出すことに注力しましょう。また、問題がこじれそうならすぐに学校や専門家へ相談しましょう。

どうすればいい?登校拒否への対応

どうすればいい?登校拒否への対応

子どもが学校へ行きたくないと言いだしたり、学校に行かなくなったら、どう対応すれば良いのでしょうか?

登校拒否の対処は「学校へ行きたくない」と子どもが口にし始めたときから始めることが肝心です。最初の小さなサインを見逃し、問題が長引くほど解決は困難になったり、第三者や専門家の助けが必要になります。最初のささいなサインによく耳を傾けましょう。

登校拒否の子どもは葛藤していることを知りましょう

登校拒否の子どもは葛藤していることを知りましょう

多くの子どもは「親に心配をかけたくない気持ち」と「学校に行きなくない気持ち、あるいは行けない気持ち」で葛藤しています。そのため、子どもと話すときには「きっと、こう思っているに違いない」という思い込みや「学校に行かなくてはいけない」という結論ありきで話しをすると余計にこじれる場合があります。

また、親の気持ちを思いやる子ほど、なかなか本心を語らない場合があります。登校拒否から不登校になる場合には、子どもは本心を言えないままでいることが多いようです。子どもの考えや気持ちがわからなければ、問題の解決が見えてこないので不登校という状態に陥りやすくなるのは当然のことです。

学校へ行くという結論をまず外して考える

学校へ行くという結論をまず外して考える

まず、親子の認識として「学校に行かないのは良くないこと」ということを置いて考えることから始めましょう。学校は教育は本人のためにあるものであり、子どもが学校や教育に振り回されるようなことがあってはいけません。

とくに学力が極端に高い子や低い子の場合、学校という場での学習につまらなさを覚えることは少なくありません。その場合には学校や教室に行く、行かないという問題をなんとかしようとするのではなく、学習を続けることが当面の課題になります。

人間関係につまづいているのなら転校を提案してみる

人間関係につまづいているのなら転校を提案してみる

学校の人間関係によって登校拒否になりそうな場合、あるいはなってしまった場合にはクラス替えや転校を視野に入れて話し合いましょう。特定の苦手な人がいる場合にはこのような対処で不登校の期間を短くすることができます。

もし、学校という制度そのものや集団生活を嫌がっているのであれば、将来、個人でできる職業について話し合っても良いでしょう。大切なことは学校生活は将来のため、希望の職に就くための通過点であることを認識させることです。これにより、目的のない学業が目的のあるものにかわり、その目的に必要のないものから自然と意識が離れる可能性があります。

親としてではなく学校の先輩として話す

親としてではなく学校の先輩として話す

子どもが登校拒否になったとき、子どもの意見に対して「子どものくせに」「大人になればわかる」など人格を否定したり、考えが幼稚であるかのように話すことは子どもとの関係を壊し、不登校だけでなく、将来的に引きこもりやニートになる可能性があります。

一方で、このような状態になることを恐れて、厳しく躾けるという親も少なくありませんが、その方法で成功するのはよほど親の人格が高潔である場合でしょう。そうでない場合は子どもが登校拒否になるのは一つの成長段階と捉え、一緒に解決するという姿勢が大切です。

そのため、親としての考えや視点、期待や希望という思い、あるいは子育てに失敗したと社会的に見られるという不安をすべて捨てて、フラットな気持ちで接することが大切です。自身の学生の頃を思い出して、学校での思い出や不快だったことなどを話してあげても良いかもしれません。

問題を親子で解決する姿勢をもつ

どうしても登校拒否という事態に子どもの将来の不安や子育ての失敗という恐怖から逃れられない、という場合には第三者を交えて話したり、あるいは専門家に相談しましょう。

このとき、問題は子どもではなく、自分自身が対処できないことにあるという認識で問題にあたることが大切です。とくに子どもの発達特性や心理傾向、あるいは性格的に一般的でない部分があるのであれば、専門家と一緒になって取り組むことが肝要になります。もちろん、この場合でも子どもの問題ではなく、親子の問題として解決する姿勢が求められます。

PR