赤ちゃんの平熱はやや高めが健康!低い場合の原因はなに?
28views

赤ちゃんの平熱はやや高めが健康!低い場合の原因はなに?

赤ちゃんの平熱は37℃前後です。高い体温は免疫力の高さでもあります。しかし、体温が36℃前後の場合には体質ではなく、周囲の温度環境や衣類に問題がある可能性があります。また、冷たいものの飲食も体温の低下の原因になります。低体温は睡眠の妨げになることもあります。足元からしっかり暖かくしましょう。

赤ちゃんの平熱はどのくらい?

赤ちゃんの平熱はどのくらい?

赤ちゃんは平熱は月齢にも依りますが、一般的に大人よりも高いと言われています。

だいたい36.5℃から37.5℃であることが多いようです。新生児ほど高く、月齢が進むにつれて徐々に下がっていくのが普通です。1歳ころには36.5℃前後になっていることが多いようですが、個人差も大きいためそれほど神経質にならなくとも良いようです。

平熱が低い気がするけど、これって大丈夫?

平熱が低い気がするけど、これって大丈夫?

ただし、平熱が36℃以下の場合にはやや低いといえます。

体質的な問題もありますが、それ以外にも環境や服装に問題があるのかもしれません。赤ちゃんの体温は外気温に大きく左右されます。それは赤ちゃんの体温調節の能力が低いためです。

あまりに寒い場所、あるいは暑すぎる場所など適切な温度状態にいないと赤ちゃんの体温が低下することがあります。体温の低下は免疫機能や消化機能が低下する原因になり、健康な発達の妨げになります。そのため、赤ちゃんのいる室温の温度管理は十分に注意しましょう。

赤ちゃんの体温が低いのは服や寝具の素材のせいかも

赤ちゃんの体温が低いのは服や寝具の素材のせいかも

赤ちゃんの低体温の原因は服や寝具が原因かもしれません。

最近では化学繊維の寝具や服が増えていますが、化学繊維に触れると人の肌は体温が奪われ、また細胞の新陳代謝を抑制することがあることもわかっています。

そのため、赤ちゃんが触れるものはできるだけ天然繊維の綿、絹、麻、ウールなどを中心に揃えてあげましょう。できれば、赤ちゃんがハイハイして移動するようになるときには床のラグや絨毯の素材にも気をくばると良いでしょう。難しい場合は畳素材のものを利用するのもおすすめです。

赤ちゃんの服装は下半身を多め、上半身を少なめに

健康な人の体温分布は頭寒足熱が理想的であると言われています。

それは赤ちゃんでも同じことです。同じ枚数だけ上下の服を着せることは赤ちゃんの上半身に熱がこもる要因になります。そのため、上半身、腹部、下半身の順で1枚ずつ服を増やすようにしてあげましょう。

とくに最近では大人の格好と同じように上着ばかり羽織らせる格好が定着していますが、あまり良い風潮とはいえません。むしろ、靴下やズボンをたくさん履かせて、上着は少なめになるようにしてあげましょう。

冷たいものの飲食は下痢の原因になることも!

冷たいものの飲食は下痢の原因になることも!

また、赤ちゃんに冷たい飲食物を与えることもおすすめできません。

冷たい飲食はお腹を冷やすため、下痢や消化不良、あるいは胃腸の機能低下の原因になります。また、この時期は腸内環境をつくる大切な時期です。

この時期に腹部を冷やして下痢を起こすことはよい腸内細菌を体外に排出させることになります。暑い日でも赤ちゃんには人肌のものを与えるようにしましょう。冷たい飲食は抵抗力の低下や冷えのぼせなどの原因となり、自律神経を見出しやすくします。

睡眠リズムが安定しないのは足元が寒いのかも

睡眠リズムが安定しないのは足元が寒いのかも

睡眠がなかなか安定しない場合や夜泣きがひどいという赤ちゃんの場合には足や腹部が冷えているために自律神経がうまく働かなくなっている場合があります。このようなことを防ぐためには普段から体やお腹を冷やさないように気をつけてあげたり、寝る前に湯たんぽで足元を暖かくしてあげることも効果的です。

PR