子供の弱視の治療にはどのような方法があるの?
15views

子供の弱視の治療にはどのような方法があるの?

子供の弱視の治療にはメガネやアイパッチ、視力トレーニングなどが組み合わされて行われるのが一般的です。メガネをかけると視力が低下するという説もあるますが、弱視の治療の場合にはメガネをかけないとどんどん悪化する可能性があります。適切な時期に適切なメガネをかけることが大切です。

子供の弱視の治療が必要な場合

弱視とはメガネやコンタクトレンズなどで視力を矯正しても、最大矯正視力で1.0に満たない場合のことを言います。日常生活に問題がない場合は様子を見ることもありますが、左右の視力に差があったり、1.0を著しく下回る視力の場合には弱視としての治療が必要になります。

3歳くらいで徐々に視力は上がる

3歳くらいで徐々に視力は上がる

子供は一般的に2歳くらいまではあまり視力が安定しておらず、ぼんやりと見える程度の視力といわれています。それが3歳から4歳くらいになると1.0くらいまでは見えるようになり、小学校にあがるまでには立体的に物が見えるようになってきます。

そのため、子供の弱視は両親や家族では気がつきにくいケースが多いと言われています。その理由はかなり重度な弱視であっても子供が見えにくそうにすることがないためです。

たとえ、両目が弱視の場合でもそうなので、片目だけが弱視の場合にはますます気がつきにくいといわれています。多くの場合、三歳児眼科検診で弱視であることはわかることが多くあります。

しかし、この検診にひっかかったとしてもその後に適切な対処をすることで学齢期までには弱視は改善することが多いと言われています。

弱視の原因となる2つのこと

子供の弱視は大きく2つの原因があります。1つは生まれつきの器質的な障害や病気によるもの、もう1つは遠視や乱視などの視機能の発達が未熟であったり、途中で止まってしまった場合ものです。

弱視の治療ではどのようなことをするの?

治療は専用のメガネをかける、アイパッチを貼る、視力トレーニングを行うことなどを複数組み合わせて行われることが多いようです。

メガネでの治療

メガネでの治療

メガネをかけると益々目が悪くなる、という説もありますが、子供の弱視治療の場合、メガネをかけないと弱視が治ることはないと言われています。それは弱視であるによって脳の視覚の発達が止まってしまうからです。

反対にメガネを使って視覚を刺激することで脳の発達が促され、弱視の改善につながるとも言われています。そのため、弱視の治療でメガネをかけることが主な治療方法の一つです。

多くの場合、弱視を矯正するためのメガネでは補助金が出る場合もあります。それらを利用して適したメガネの使用を習慣にしましょう。

アイパッチを貼る治療

アイパッチを貼る治療

アイパッチを貼る治療は主に片方の目だけが弱視である場合に行われます。

弱視でない方のきちんと見えている側の目をアイパッチで塞いで使用します。このれによって、弱視である側の目を使って視覚を正常にすることが目的です。メガネとアイパッチを併用して行うこともあります。

片方だけが弱視の場合、そうでない目で物を見るため、日常生活に問題がなく、そのために弱視の目はそのまま機能が向上しません。しかし、左右の目で物をみないと立体的に物をみることができず、将来、車の運転ができなかったり、職業選択にも制限が増える可能性があります。そのため、片方であっても弱視はきちんと改善することが大切です。

視力トレーニングを行う

視力トレーニングを行う

弱視の治療ではメガネやアイパッチをするだけでは不十分です。

軽度な弱視の場合にはこれらだけでも改善の可能性がありますが、多くの場合、視力トレーニングとの組み合わせが必要です。視力トレーニングは物の見方を改善するものです。

とくに弱視の場合には視野の一部だけを使った見方や眼球をきちんと動かすことができずに目や周辺の組織に負担をかけていることが多くあります。そのような偏った目の使い方を矯正し、正しく物をみる方法をトレーニングによって習得することが大切です。

このようなトレーニングは弱視の人だけでなく、近視や遠視の予防や改善にも有効です。弱視改善のためには1日1時間以上のトレーニングが必要と言われています。子供の場合には親子で楽しく行うことで、より高い効果が期待できます。

PR