育児中にスマホ依存であると子どもの心身の発達に悪影響になる?!
84views

育児中にスマホ依存であると子どもの心身の発達に悪影響になる?!

育児中にスマホ依存であることは子どもの心身に悪影響であると言われています。精神的な不安定さは攻撃性もしくはサイレントベビーなどの無気力となって現れることも多くあります。また、身体的にも脳の萎縮や筋肉の発達の遅れの原因になることもあります。育児中は子どもとのコミニュケーションを第一に考えましょう。

育児中にスマホをいじるのは要注意

育児中にスマホをいじるのは要注意

今やすっかり必需品となったスマホですが、ママがスマホ依存である場合には子どもに与える影響が少なからず存在すると言われ問題になっています。

その影響は精神的な面だけでなく、体や脳の発達にも影響することがわかり、育児中のママはとくにスマホの使い方に注意が必要と言われています。

大人でも会話中のスマホいじりはマナー違反

大人でも会話中のスマホいじりはマナー違反

ママがスマホ依存になった場合、とくに顕著に現れるのが精神状態と脳の発達だと言われています。

大人同士の会話でもそうですが、会話中にスマホをずっといじることは失礼なこととされています。

それは相手を無視していたり、軽んじているというサインになるからです。このことは相手が子どもでも同じことです。

子どもと一緒にいるときにはスマホを見ない

子どもと一緒にいるときにはスマホを見ない

とくに子どもは「見ていて欲しい」「聞いて欲しい」という欲求が強いものです。

これは積極的で健全な人格形成には欠かせないものです。

しかし、そのときに近くにいる人が自分よりもスマホを優先していたら、どのように感じるでしょうか?

多くの子どもはそのような態度に不快ではなく失望を感じ、愛情の不足を感じるでしょう。

また、自分自身に価値がないなど自尊心が育ちにくくなったり、親や家族に対して攻撃的になる可能性もあります。

そのため、子どもと同じ空間にいるときには極力、スマホを見ない、触らないようにします。

会話をしていないときでも子どもが何かをしているときにもスマホを見てよい時間ではありません。

遊びに夢中になっているようでも、子どもはママのことを見ていて、見守っていることに安心感を覚えるものです。

スマホ依存でサイレントベビーになるリスクも

スマホ依存でサイレントベビーになるリスクも

スマホ依存の親に育てられる子どもは概しておとなしく、無気力な子どもが多くなります。

赤ちゃんの場合にはサイレントベビーになるリスクも高くなると言われています。

ボキャブラリーも少なく、周囲の子と強調性がないために集団生活では問題を起こすか、孤立するようになります。精神的に不安定であるなどの精神状態に問題が出る場合もあります。

スマホは脳や体の発達にも影響する

スマホは脳や体の発達にも影響する

また、ママがスマホ依存の子どもの場合、脳や体の発達も遅くなることも指摘されています。言葉だけでなく、筋肉の発達も遅くなたり、言葉で注意されたり、言われたことをできないことも多いようです。

とくに幼少期までの脳や体の発達不足は大人になっても解消されにくく、歪んだ人格になるリスクや虚弱な体質になる可能性が高くなります。

とくにスマホの電磁波は子どもの脳に悪影響

とくにスマホの電磁波は子どもの脳に悪影響

さらに、スマホは赤ちゃんや子どもの脳に致命的なダメージを与えると指摘する人もいます。

それはスマホからでる電磁波のためです。

実際に、スマホの多くの取扱説明書には持ち運ぶときにスマホを体から話すことを推奨しています。

これはスマホを肌身離さず持っていることで健康を害することがわかっているからです。

とくに脳への影響は強く、大人の場合でも脳梗塞や脳出血の原因になると言われています。そのような強い影響のあるスマホは赤ちゃんや子どもの脳により強く作用すると危惧されています。

スマホは便利なツールですが、使い方を誤ると子どもの一時的な心身の健康を損ねるだけでなく、一生を健全に送ることができなくなる可能性があることを知っておきましょう。

PR