サイレントベビーの原因は・・そうならないための方法ってあるの?
53views

サイレントベビーの原因は・・そうならないための方法ってあるの?

サイレントベビーの原因のほとんどは親の接し方に問題があると言われています。とくに泣くことを否定的に捉えることや無表情で赤ちゃんに接すること、また、無視することなどはサイレントベビーになりやすい傾向にあります。間違った接し方をしないためには赤ちゃんが泣くことに対して正しく認識することから始めましょう。

サイレントベビーの原因は親の接し方にある

サイレントベビーの原因は親の接し方にある

「赤ちゃんは泣くのがお仕事」、と言われるほど元気な赤ちゃんであればあるほど、一日中泣いているものです。

しかし、最近になってサイレントベビーという言葉をよく聞くようになりました。ただ大人しい赤ちゃんと違うサイレントベビーは大きくなってコミニュケーションが取れなったり、集団生活ができない、または適切に人間関係を築くことが難しいなどの問題を抱えることが多くなります。

このようなサイレントベビーになってしまう原因には親の接し方に問題があるこがわかっています。例えば、赤ちゃんが泣いていても無視したり、赤ちゃんに無表情で接するなどの行為によってサイレントベビーになりやすくなることがわかっています。

どのようなことに気をつけて接すること大切なのでしょうか?

サイレントベビーになせないために

赤ちゃんが泣くことを受け入れることから始める

赤ちゃんが泣くことを受け入れることから始める

赤ちゃんは自分からは言葉を発して気持ちを伝えることができないため、何を要求するにも泣いて知らせることが多くなります。

そのため、終日泣いているという状態になるわけですが、一般的には赤ちゃんを泣かせるのは悪い親という風潮があるため、新米のパパやママは赤ちゃんが泣くことを嫌がったり不快に思う人が多いことも問題です。

最初に説明したように赤ちゃんというのは泣くのが普通であり、健康な証拠です。また、しっかり泣くことによって心肺機能が丈夫になることがわかっています。したがって、まずは赤ちゃんが泣くことを恐れず、受け入れることが大切です。

なぜなら赤ちゃんにとって泣くことはコミニュケーションをしたいというサインを送っているにすぎないからです。

赤ちゃんとのコミニュケーションを楽しむ

赤ちゃんとのコミニュケーションを楽しむ

次に大切なのは赤ちゃんの気持ちに共感するような話しかけです。

赤ちゃんが泣き始めるのは何かをわかってもらいたいからです。そのため、泣き始めたら「どうしたの?」と赤ちゃんが泣いている理由を探りましょう。このとき、「ただ泣き止ませたい」という気持ちではなく、赤ちゃんが求めていることを知りたいと思って自然に触れ合うことが大切です。

慣れてくると時間や泣き方で何を求めているのかわかるようになりますが、もしそのような特徴があるのなら「いま⚪︎時だから、お腹が空いたのかな?」とか「普段より⚪︎⚪︎の泣き方になっているからオムツを変えて欲しいのかな?」など赤ちゃんの出しているサインを受け取っていることを伝えることも重要です。

過剰に察してあげることはかえって良くない

過剰に察してあげることはかえって良くない

ここで大切なのは徐々に赤ちゃんの泣き方で要求がわかっても会話の回数を減らさないようにすることです。

忙しいときには赤ちゃんの世話を早く済ませたいと思いますが、コミニュケーションの発達のためには例え、何を赤ちゃんが訴えているのかがわかったとしても言葉にして伝えるようにします。

過剰に察してあげていると「言葉にしなくてもわかってもらえる」という学習がされてしまうので注意しましょう。多くの言葉を赤ちゃんに投げかけることで言葉を発して自分の気持ちを伝えたいという感情を育てることができます。

笑顔を向けることで赤ちゃんの脳は著しく発達する

笑顔を向けることで赤ちゃんの脳は著しく発達する

また、赤ちゃんとの接するときに特に重要なことは表情です。

赤ちゃんは生まれて数ヶ月で周囲の人の表情を認識するようになります。多くの表情に触れることで脳の発達が促されますが、とくに効果的な表情は笑顔であると言われています。

たくさんの笑顔を向けられた赤ちゃんは多くの幸福を感じて脳のあらゆる分野が発達しやすくなることがわかっています。そのため、赤ちゃんとコミニュケーションをとるときには笑顔を絶やさないようにしましょう。

PR