キレやすい我が子・・教えて!子供の暴力の解決策
65views

キレやすい我が子・・教えて!子供の暴力の解決策

自分の子供が感情的でキレやすい、と思っているパパ&ママ。子供との関わり方が分からず、正直手に負えない、と感じていませんか?こちらでは、子供が暴力的になる特徴や、子供の暴力の解決策についてお話しします。

キレやすい我が子・・教えて!子供の暴力の解決策

最近、子供がキレやすいと感じていませんか?大切な我が子ですから、素直で優しい子に育って欲しいですよね。こちらでは、子供が暴力的になる特徴や子供の暴力の解決策についてお話しします。

子供が暴力的になりやすい環境の特徴

叩いて叱る育児をしている

叩いて叱る育児をしている

子供が言うことを聞かなかったり悪いことをした時、叩いて叱る育児をしていると、子供もそれを見習い、暴力をふるうことで解決する子になります。

暴力はいけないことだと教えたいのであれば、自分が暴力的なふるまいをしないことがポイントです。

バイオレンス系の映画やドラマをよく見る

ハードボイルドアクションや戦争、ホラーなどのバイオレンスなシーンがたくさん出てくる映画やドラマを好んで見ていることはありませんか?

親の趣味嗜好は子供へも影響します。

子供までそういったものを見ているようであれば、時には親が介入し、制限した方が良いでしょう。

お友達とのけんかはアリだと思っている

お友達とのけんかはアリだと思っている

子供同士が取っ組み合いのけんかをしていても、どうせ子供だし、大けがはしない、少しくらいは大丈夫と思っていませんか?

けがをしなければ良いというものではなく、トラブルになった時には、建設的に話し合うことで解決することを教えなければなりません。

長時間大人の目の届かないところにいることが多い

子供が暴力をふるった時には、現行犯で叱ることがベストです。しかし、子供が長時間、大人の目の届かないところにいることが多い環境だと、いざ暴力をふるった時に注意することができないので、暴力が習慣になってしまいます。

放課後は学童に預けるなどして、大人の目の届くところで過ごさせると良いでしょう。

子供の暴力の解決策

身体を動かしてエネルギーを発散させよう

身体を動かしてエネルギーを発散させよう

男の子は4歳くらいになると、男性ホルモンが急に増えます。エネルギーも増すため、それを発散させてあげると良いでしょう。

パパが公園で一緒に遊んだり、スポーツを習わせたりするのもおすすめです。

説明力を身につけさせよう

問題が起きた時、自分の言葉で説明するという力を身につけさせると良いでしょう。手が先に出る子は、それしか表現方法を知らない、という可能性があります。

ボキャブラリーが増えたり、表現力が豊かになったりすれば、暴力に訴えることは無くなります。

暴力をふるわれたらどんな気持ちになるか教えよう

d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_s 子供 子ども 女の子 泣き顔

暴力をふるわれた時、相手がどんな気持ちになるか教えてあげましょう。

「痛い」や「悲しい」、「辛い」や「あとまで引きずる」など、具体的な方が良いと思います。「暴力をふるう人間は最低だ」や「将来ろくな人間にならないよ」などといった言葉は、抽象的なので効果がありません。そもそも暴力をふるったあとのことをはっきりイメージできる子なら、その前にもう少し理性がきくでしょう。

しかも、感情的になって手が出てしまう子に、感情的な言葉をかければ、助長することにもなりかねません。普段から他人の気持ちをくみ取ったり、寄り添ったりする訓練をさせることもポイントです。

ストレスの原因を追究しよう

ストレスの原因を追究しよう

暴力をふるう子は、ストレスを抱えています。なぜストレスを抱えるに至ったか、その原因を追究しましょう。

パパやママの育児がストレスになっていることもあります。子供に無理をさせていないか、自分の育児が本当に正しいのか、自分と子供に真正面から向き合って、よく考えてみましょう。

カウンセリングを受けることもひとつです。思わぬところから原因が見えてくることもあります。一度プロに相談しても良いでしょう。

PR