子供への過保護は成長にどんな影響を与える?
76views

子供への過保護は成長にどんな影響を与える?

現代では、子供への過保護が問題視されています。このように過保護が問題視されている1番の理由は、子供の成長を妨げてしまうためです。親にとって我が子のためなら何でもしてあげたいという気持ちはよく分かります。しかし、気持ちがエスカレートし過ぎて過保護になっていませんか?

ついつい過保護になっていませんか?

過保護とはどんな状態?

現代社会で問題視されていることの1つに過保護があります。

過保護を簡単に説明すると、我が子のことが心配なあまり何でも親が手出しをしてしまう状態です。例えば子供の欲求のままに好きなものばかりを与えてしまう、危ないことや汚いことをすぐに注意して自ら経験させないなどがこれに当てはまります。

過保護とはどんな状態?

親にとって、我が子がかわいいのは当たり前です。

誰よりも大切に思っているのは間違いありません。しかし、この気持ちがエスカレートしてしまうと子供への過保護が心配されます。子供への過保護は、子供の成長を妨げてしまう大きな原因と言えるでしょう。

子供への過保護が増加している原因に一人っ子の増加が挙げられます。

現代では、女性の社会進出による高齢出産や不景気による給料低下の影響などから一人っ子が増えています。一人っ子の場合、親は我が子に寂しい思いをさせないようにとついつい過保護や過干渉になりがちです。

我が子が心配なのは親なら誰でも同じです。しかし、その気持ちを子供に押し付けていませんか?

こんな言動・行動に要注意!

子供への過保護は、多くの人が自覚症状がないことがほとんどです。

しかし、こんな言動をしている人は要注意!すでに子供に対して過保護になっていると言えるでしょう。まず、何でも経験させる前に注意してしまうことです。

「危ないからダメ!」「汚いからダメ!」と子供に注意をしていませんか?もちろん、危ないことや汚いことを教えるのは親の役目でもあります。

しかし、子供は自分で経験して危ないことなどを理解していくのです。そのため、少しの危険が伴う程度であれば子供自身に経験させることも必要なのではないでしょうか。

こんな言動・行動に要注意!

「お友達とケンカしないで仲良く遊ぼうね」これも過保護の親によくみられる言動です。

公園などで他のお友達と遊ぶとき、できることなら仲良く遊んでほしいですよね。しかし、子供同士のケンカは成長するためには必要なことなのです。

ケンカをすることで、相手を傷つける気持ちや傷つけられた時の気持ち、自分の思い通りにならないこともあるということを学びます。そのため、子供同士で遊んでいる時は見守ることも大切なのです。

子供がやるべきことについつい手を貸していませんか?

子供がやるべきことについつい手を貸していませんか?

食事、片付け、着替え、靴を履くなどの場面で子供はなかなか上手に行動することができません。こんな時、親がやった方がはやいのは分かり切っていることです。

しかし、子供の代わりに親がやって良いのでしょうか?子供が自分でやるべきことは手出しをしないことが大切です。手伝ってあげたい気持ちをぐっと堪えて、優しく見守ってあげることが愛情なのです。

子供への過保護が成長に影響する!

子供への愛情のつもりが過保護になってしまったというケースは珍しくありません。

子供への過保護は、子供の成長を妨げてしまいます。例えば、自分の意思を持たない、意見を伝えることができない大人になってしまいます。

親が何でも手伝ってくれたから、自分がやらなくても何とかなると思ってしまいます。将来社会に出て働くうえで、自分の意見を伝えられないことは大きなネックとなってしまうでしょう。

子供への過保護が成長に影響する!

子供の頃に親が何でも手出しをしてしまうと、自分のことが何もできない大人になってしまいます。

部屋の片づけができない、1人で朝起きることができない、忘れ物が多い、骨の多い魚の食べ方が分からない…。これらの原因は過保護にあります。大人になって我が子が恥をかかないためにも、子供に対する過保護は避けなければなりません。

子供に対して過保護にならないためには、子供を信じることが大切です。子供は様々な経験を通して成長していきます。どうか我が子を信じて、様々な経験をさせてあげて下さい。

どうか我が子を信じて、様々な経験をさせてあげて下さい。

PR