おむつに血??生まれたばかりの赤ちゃんにも生理があるの?
253views

おむつに血??生まれたばかりの赤ちゃんにも生理があるの?

出産後、病院で赤ちゃんのお世話をしていたら、おむつに血液がついていて、驚いて看護師さんに尋ねる方も多い新生児月経。赤ちゃんにも生理があるのでしょうか?新生児月経や間違いやすい新生児メレナについて調べてみました。

おむつを見てびっくり!

赤ちゃんなのに、生理?

それは病気ではありません。

ご安心ください、それは新生児月経と言われるもの。生後3日から5日くらいによく見られるので、まだ入院中の方も多いので、心配になって、すぐに病院の看護師さんに相談される方も多いですね。

会陰から出血していることを確認してくれますので、確実なら、新生児月経と判断されます。大体1週間くらいで収まります。もちろん排卵による生理ではありません。またすべての女の子の赤ちゃんに見られる分けでもありません。

赤ちゃんなのに、生理?

新生児月経の仕組み

新生児月経は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに影響を受けた女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの仕業です。これのホルモンは妊娠にとってとても大切で、妊娠中に分泌が増えると胎盤を通して赤ちゃんの血液にも流れ込み、赤ちゃんの子宮内膜も月経のときと同じように肥大してしまうのです。

しかし出産後、お母さんとつながっていたへその緒を切り離すと、お母さんからの女性ホルモンの供給が断たれ、肥大した子宮内膜は脱落し、出血するのです。ほんとに生理と同じで、赤ちゃんにも生理があるよう。でもご存知のようにこれは一時的なもの。初潮を迎えるまで生理はありません。

新生児月経の仕組み

病気もある?

新生児月経は女の子だけ!

新生児月経は子宮内膜の肥大によっておこりますから、当然男の子の赤ちゃんには起こりません。しかし時として、男の子のおむつにも出血がついていることもあります。その場合は病気が考えられます。

新生児メレナかもしれません

新生児メレナかもしれません

女性器からではなく、肛門からの出血だと新生児メレナかもしれません。

この病気は男女問わずおこります。新生児メレナも新生児月経と同様に、生後数日から見られるものですが、下血だけでなく吐血などの消化管の出血をさします。以前はビタミンK不足から起こる出血性の疾患だと考えられていましたが、近年ではビタミンK不足だけでなく様々な要因から引き起こされることが分かっています。

ビタミンKは赤ちゃんの腸内では作ることができず、母乳にも含有量が少ないことから、生後すぐ1回、さらに一週間後と1か月健診に、計3回赤ちゃんに投与されるようにガイドラインが示されていますが、その他検査でも新生児メレナが確認されたことから、ビタミンK不足だけが新生児メレナの原因ではない、とみられています。

治療が必要な真性メレナ

治療が必要な真性メレナ

新生児メレナにも、上記を原因とした赤ちゃん本人の出血による真性メレナと、分娩時などに母親の血液を飲み込んでしまったものが吐血や血便として排出される仮性メレナがあります。おむつについた血液を検査すれば、赤ちゃんの血液か、母親の血液かすぐわかりますので、正しい診断のためには必ず血液のついたおむつが必要ですね。仮性メレナは治療の必要性はありません。

しかし真性メレナの場合は、消化管からの出血だけでなく、脳内出血まで起こすこともあるので注意が必要です。

ビタミンK不足ならばビタミンKを投与すれば改善されますが、生後数日以降数週間以内で起きるものは新生児メレナと疑う余地が十分あり、また生後3週間以降に下血などがあると、頭蓋内出血など深刻な場合があります。前出の新生児月経は生後1週間ほどで収まりますから、この点でも判断の基準にしてください。

新生児月経は生後1週間ほどで収まります

おむつに出血があるだけで赤ちゃんのご機嫌が良ければ問題ありませんが、出血があるときに激しく泣いたり、ぐずったりするようなら、新生児月経ではなく病気を疑いましょう。

PR