赤ちゃんの風邪の症状は?病院に行くタイミングは?
4views

赤ちゃんの風邪の症状は?病院に行くタイミングは?

鼻水が出ている、ぐずぐずが激しい・・・赤ちゃんの風邪で病院に行くタイミングを迷うことはありませんか?熱が出ていると病院に行くという方は多いと思いますが、鼻水や咳の症状だけでは、病院に行くことをためらうかもしれませんね。赤ちゃんの風邪の症状や対処法、風邪で病院に行くタイミングなどについてご紹介します。

赤ちゃんの風邪、いつ病院に行く?

赤ちゃんが鼻水や少し咳の症状が出ている場合、病院に連れていきますか?

赤ちゃんの風邪は、どのような状態のときに病院に行くべきなのでしょうか?赤ちゃんの風邪の症状や対処法などについてご紹介しましょう。

赤ちゃんの風邪の症状はどんなもの?

赤ちゃんの風邪の症状はどんなもの?

赤ちゃんは6か月までであれば、母親の免疫があるので、風邪をひくことはないと言われますが、これは間違い!6か月未満の赤ちゃんでも、風邪の症状が出ることがあります。

風邪は、病原体が鼻からのどにかけて感染をし、急性の炎症を起こす病気です。風邪の原因となるのは、ほとんどがウイルスで、1割程度は細菌によるものです。風邪のウイルスは160以上もあります。一度風邪に掛かっても再度掛かるのは、ウイルスの種類が多いためです。

赤ちゃんの風邪の症状は、熱や鼻水、咳などがあります。赤ちゃんの顔が青白かったり、体が熱っぽく感じるのに、手足が冷たいという場合は、室温を上げて布団をかける枚数を増やしましょう。

赤ちゃんが風邪で病院へ行くタイミングは?

赤ちゃんが風邪で病院へ行くタイミングは?

赤ちゃんが3か月未満で、高熱があるような場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。また、おっとせいの鳴くようなケンケンというような咳を頻繁にしている場合も、早めに病院で診てもらうことが大切です。

鼻づまりがひどく、吸ってあげても治らないような場合は、おっぱいやミルクが飲みにくくなります。その場合は、耳鼻科に行って鼻を吸ってもらったり、鼻水が出やすくなる薬を処方してもらうとよいでしょう。

赤ちゃんの風邪の予防法

赤ちゃんの風邪の予防法

風邪の感染経路は、くしゃみや咳などの飛沫感染がほとんどです。赤ちゃんの風邪は、ほとんどが家族からの感染となるので、まずは家族の方が、外から帰ったらこまめに手洗いとうがいをし、外出時にはマスクをつけて出かけることが大切です。

赤ちゃんの風邪の対処法

赤ちゃんの風邪の対処法

赤ちゃんが風邪をひいたときの対処法についてご紹介しましょう。ここでは、病院に掛かる前の対処法についてみていきます。

【熱が出た場合】

熱が出たときには、まず背中を触ってみましょう。汗をかいているときには、1枚薄着にします。熱の出始めは体が冷えるため、1枚多く着せてあげましょう。赤ちゃんが熱の場合、冷却シートなどをおでこに貼ることは控えておいた方がよいでしょう。シートが鼻や口をふさいでしまって、思わぬ事故につながりかねません。

【鼻水が出た場合】

鼻水がひどい場合は、鼻吸い器などを使って鼻水をとってあげましょう。赤ちゃんの鼻を口で覆って、直接吸ってあげても大丈夫です。鼻水が頻繁に出ていると、赤ちゃんの体内から水分が失われるため、白湯やミルクを、普段よりも多く飲ませてあげるようにしましょう。

【咳がひどい場合】

咳がひどい時、上半身を少し起こした状態にすると咳が和らぐことがあります

赤ちゃんを寝かしておくと咳がひどくなる場合は、上半身を少し起こした状態にすると咳が和らぐことがあります。

この姿勢をとることで、のどに痰が絡みにくくなるため、呼吸がスムーズに行われるでしょう。また、抱っこをして背中をやさしくトントンと擦ってあげると、咳がやわらぐこともあります。咳が出るときには、部屋の加湿にも気を配りましょう。加湿器を使ってもよいですし、洗濯物を部屋干ししても良いです。

PR