子どもに道具の使い方を教えるとき、こんなところに注意しよう
75views

子どもに道具の使い方を教えるとき、こんなところに注意しよう

子どもに道具の使い方を教えることは手先を器用にしたり脳の発達を促すという役割があります。ですが、はさみなど危険なものもありますので、注意が必要です。ですので、このような使い方を教える際にはコツがあります。

子どもに道具の使い方を教えるならいつから

子どもに道具の使い方を教えるならいつから

子どもに道具の使い方を教えることは子育てにおいてもとても大切なことです。道具を使うことにより表現力を大きく伸ばすことができるからです。2歳くらいの頃から、子どもは大人の使う道具を興味津々に見ています。

台所のしゃもじなどを渡すと、楽しそうに手に持って遊びます。本来的な道具の使い方にはなっていませんが、おもちゃよりも興味を示す子どもが多く、見ているだけでもほほえましいものです。ですが、はさみのように危険なものもありますので注意が必要です。

子どもに道具の使い方を教えるならいつからがいい?

子どもに道具の使い方を教えるならいつからがいい?

子どもに道具の使い方を教えるならば、たいてい3歳ころがよいです。

親との会話が成り立ち、理解力が少しずつ出てくるからです。4歳くらいになると、集団生活を始める幼児も増えてきます。その時に少しでも使えるようになっておくよう、予習をしておくと安心です。ですが、大人の道具は危険を伴いますので、子どもの手の届かないところに置いておきましょう。

子どもに道具の使い方を教えるなら、道具選びが大切

   子どもに道具の使い方を教えるなら、道具選びが大切

子どもに道具の使い方を教えるには、まず子ども専用の道具を選ぶことから始めましょう。特にはさみや包丁といった商品は、子どもの手の形にフィットしたものを使うようにします。最近では安全性を考慮して、プラスチックのものが世に出回っています。

ですが、なるべく大人が使うものと近いものを選んだほうがよいです。なぜなら、ある程度大きくなってステンレス製のものに移行するとき誤って使用してしまうというリスクもありますし、プラスチック製のもので「切れない」となるとストレスが溜まってしまい、道具を使用する楽しみが薄れてしまうと本末転倒だからです。

子供の成長に合わせたはさみを手に入れよう

子どもに道具の使い方を教える際には、成長に合わせた道具をチョイスすることが大切です。そのためには、購入前にはできれば現物を手に取って、子どもの指が入るか、フィットしやすい形になっているかをしっかりと確かめます。

はさみなどはカバーがあったほうが使用しない時は閉まっておけるので安全です。はさみでも包丁でもそうですが、使用するときだけでなくしまう時のこともきちんと考えて選択します。最近ではインターネット上に利用者の口コミも載っていますのでそれを参考にしたらよいです。

子どもに道具の使い方を教えるためのプロセス

子どもに道具の使い方を教えるためのプロセス

子どもに道具の使い方を教えるには、プロセスも重要です。

まず安全な握り方を教えます。指を入れる位置をしっかり教えて、まずは何でもない紙を切ってみます。うまく切れなかったりしてかんしゃくを起こす場合もあるかもしれませんが、慌てずに挑戦します。まだまだ線に沿って切ることはできませんが、最初から完璧を目指さず、まずは白い紙を自由に切って、紙を切る楽しさを教えましょう。

そして、はさみと紙はセットにしておき、ほかのものを切らないよう指を切ると痛いということも含めて根気強く諭しましょう。

子どもが自由に道具を使うことができるためには

classroom-658002_640 子供 幼児 ハサミ はさみ 遊戯 幼稚園

親子でつきっきりで練習してはさみで切れるようになった場合、次のプロセスとしては切ることのできる楽しみを味わうことが大切です。

もちろん、子どもが道具を完ぺきに使うまでは油断できませんので、幼児のうちも親の目の届くところで使わせましょう。市販のドリルや、インターネットでダウンロードできるプリントなどを使用して、はさみの練習を楽しみます。

はさみが使えるようになると、別の道具で「切る」楽しさを知るために、子ども用の包丁を購入して練習するのも良いでしょう。くれぐれも気をつけ、切るものについてもきゅうりなど比較的切りやすいものを採用しましょう。

PR