新米お母さん必読!ハイハイ時期に気をつけることまとめました!
62views

新米お母さん必読!ハイハイ時期に気をつけることまとめました!

毎日毎日成長していく赤ちゃんはハイハイができるようになるとお母さんの苦労は一気に膨れ上がります。赤ちゃんの行動範囲は広がり、自然と危険なコトも多くなってきます。油断大敵なハイハイ時期に気をつけることってたくさんあるんです。可愛いわが子を守るために絶対に知っておきたいことをまとめました。

ハイハイ時期に気をつけることっていっぱい!

毎日毎日いろいろな刺激をくれる赤ちゃん。その成長スピードは想像するよりも早く、どんどんいろいろな事を身に付けていきます。

個人差はありますが、一般的に8か月ごろになると多くの赤ちゃんはハイハイができるようになります。ハイハイができるようになると赤ちゃん自身の世界が広がり今までよりもどんどんいろいろなことにチャレンジしていくようになります。

赤ちゃんのチャレンジには必ずと言っていいほど危険が付いて回ります。

ハイハイ時期に気をつけることっていっぱい!

ハイハイができるようになった赤ちゃんの行動範囲は自分の身の回りから、自分のいる部屋、自分の住む家、にまで広がっていきます。目を離した隙にいなくなってしまうことも多く、その間に怪我をしてしまうリスクが高まります。そのため、赤ちゃんから常に目が離せなくなります。

赤ちゃんがハイハイ時期に突入する前に知っておきたい注意点についてご紹介していきます。

これだけは知っておきたい!ハイハイ時期の対策!

身の回りから危険なものを排除する!

身の回りから危険なものを排除する!

赤ちゃんの身に危険を及ぼすという可能性があるものを限りなくゼロに近づけましょう。

危険になる代表的なものとしては、棚の上にある小物や本、机などの家具の角、ライターや洗剤などがあげられます。棚の上の物は赤ちゃんが棚を揺らしたときに頭の上に落ちてくる可能性があります。

箱の中にひとまとめにしておいたり、落ちないような工夫をしましょう。家具の角は市販のスポンジのようなもので覆い隠したり、タオルなどで覆っておいたりするのがオススメです。

そして、一番気をつけたいのが、ライターや洗剤などです。間違って触って怪我をしてしまったり、飲み込んでしまったときの体への影響が一番怖いものです。赤ちゃんの手の届くところには決しておかないようにしましょう。

意外と盲点!?部屋の清潔を保つことが大切!

意外と盲点!?部屋の清潔を保つことが大切!

一見部屋を見渡して綺麗だなと思っても油断はできません。

私たちの想像もつかないところに赤ちゃんへの危険が隠れています。まず、赤ちゃんのおもちゃや赤ちゃんが口に入れそうなもの、舐めそうなものなどはきちんと消毒をしたり、あらかじめ綺麗に拭いておきましょう。

また、床の掃除はマメに行うようにしましょう。ハイハイをしているときは床に手をついているため、その手を口に入れるだけでもあまり体には良くありません。赤ちゃんは免疫力も弱いので病気になってしまうこともあるかもしれません。

あまり神経質になることはありませんが、こまめに掃除をするようにしましょう。

家の中で動ける範囲を固定する!

家の中で動ける範囲を固定する!

お母さんが家事をしている間や、宅配便の荷物を受け取っている間などどうしても目を離さなくてはいけなくなったときのために赤ちゃんが動ける部屋や範囲を固定しておくのがオススメです。

ドアが簡単に開かないようにしたり、ゲートのようなものを使って動ける範囲を狭めます。そうするだけで安全対策をする範囲も小さくなるのでお母さん的にも楽ちんです。

赤ちゃん一人一人に合わせた対策を!

いくら危険だからと言っても赤ちゃんの興味を妨げるのは良くありません。のびのび元気に育ってほしいならば、大変だとは思いますが赤ちゃん自身の性格や成長スピードに合わせた対策をしてあげてみて下さい。

PR