【障害児支援】今注目されている早期療育とは?その重要性とは?
122views

【障害児支援】今注目されている早期療育とは?その重要性とは?

自閉症などの発達障害を抱えている方は非常に多く、発見が遅くなるとリハビリや対処がとても大変になるということから最近では早期療育というものが進んでいます。あまりよく知られていない早期療育とはどういったものなのか、どのように重要なのかということについてまとめました。代表的な発達障害についても紹介します。

早期療育とは一体何!?

自閉症などの発達障害を抱えている子供は多くいます。皆さんが想像しているよりも多いと思います。

そのため、社会にでるとそういった障害を抱えている方と接するというタイミングが何度かあると思います。自分は障害を抱えていないから良いというわけではなく、大人ならば知っておかなければいけない知識です。障害者に対しての支援はさまざまなものが行われています。

今回は中でも早期療育というものについてまとめます。

障害は早期発見がとにかく大切!

障害は早期発見がとにかく大切!

自分の子供が発達障害かなと思ったらすぐに医師に相談し対処をすることが大切です。

少なくとも小学生の低学年までには何らかの対処をとるのがベストです。あまりにも発見が遅れてしまうと、社会に上手く適応できずに、犯罪を起こしてしまったり、将来自立することが非常に難しくなってしまいます。他にもうつ病やチック症など他の心理的、身体的な二次的な障害を持ってしまうことも多くなってしまいます。そういったものを防ぐという点から注目されているのが早期療育です。

早期療育ではどのようなことが行われている?

早期療育ではどのようなことが行われている?

地域によってどのようなことが行われているかというのは多少違いが出てきます。一般的には障害の早期発見のためにこまめな検診が実施されています。障害を抱えている本人やその家族をサポートするために障害に対しての心理教育が行われたり、さまざまな相談施設や支援施設を紹介してくれたり、気軽に相談できる場の提供といったようなことが行われています。

代表的な発達障害を知っておこう

一番知名度が高いのは「自閉症」

一番知名度が高いのは「自閉症」

良く知られているのは自閉症だと思います。

最近は自閉スペクトラム症というように呼ばれることもあります。非常に多い発達障害で、軽度のものも合わせると、100人に1人くらいの割合でいると言われています。症状の現れ方には個人差がありますが、一般的な症状については覚えておいてください。

まず対人コミュニケーションの問題です。自分の中に閉じこもるというイメージからしゃべらないというのを想像しがちですが、逆にとてもしゃべるという方もいます。自閉症の方は、相手との正しい距離感や、関わり具合などが正しく判断できないというのが特徴です。

小さいころの特徴としては、おもちゃを本来の遊び方と異なる遊び方で遊んでいたり、机の角など一点にずっと集中していたりという不思議な行動が見られるということです。何かおかしいなと思ったら医師に相談するようにしてみて下さい。

「注意欠陥・多動性障害」も知っておこう!

「注意欠陥・多動性障害」も知っておこう!

次に良く知られている発達障害としては注意欠如・多動性障害というものあります。これはADHDという風に一般的に呼ばれる障害です。

この障害は多動性、衝動性、不注意という3点からとらえることができる障害です。多動性や衝動性の特徴としては、落ち着きが無かったり、順番を待つのが難しいというようなものがあります。不注意の特徴としては、気が散りやすい、課題などを順序立てて行うのが難しいなどがあります。障害のない方でも持っていそうな特徴のため見分けるのが難しい障害です。

子供の行動を普段から注意深く観察しておくことが必要です。

PR