大丈夫!貴女だけではありません。初ママは子育て中に孤独感を感じるのは当たり前!
55views

大丈夫!貴女だけではありません。初ママは子育て中に孤独感を感じるのは当たり前!

忙しい子育て中に孤独感を感じるのは、私だけなの?と悩んでいるママもいるのではないでしょうか。特に初ママは、何もかもが初めての経験なので、子育て中に孤独感を感じるのは当然です。地域の低齢期の子供向けの親子教室や、子育てサークルに入ってみたり、子供と一緒に公園に行くなど外の世界へ出てみましょう。

子育て中に孤独感を感じるのは貴女だけではない!

誰もが初めての子育てで感じることかも!

誰もが初めての子育てで感じることかも!

子育て中に孤独感を感じるのは当然のことです。子育ては産んでからが修練場でもあります。特に生まれたばかりの赤ちゃんは、時間に関係なく一日中泣き続けるし、授乳をしても、抱っこしてもうまくいかないことがたくさんあります。

特に昼間は、パパが仕事に出かけているので、何もかも1人で行わなければなりません。最近では、男性が育児休暇を取得し、子育てや家事にも積極的に手伝ってくれることもありますが、それは一部の人だけかもしれません。ほとんどの方が、家庭の中で子育てという戦場で戦わなければならないのです。

最初の山場は出産退院後、自宅に戻ってから!

最初の山場は出産退院後、自宅に戻ってから!

子供を産み終えて、約10カ月もお腹の中にいたわが子に初めて出会った時、誰もが感動するのではないでしょうか。

出産入院中は、病院で新生児の面倒を見てくれ、三食寝ているだけで食事が出てくるので、快適に過ごすことができたママも大勢いたことでしょう。ところが、病院を退院後、自宅へ到着するなり、始まるのが初めての子育てです。おむつ替えや、授乳など、とにかくお世話が大変だということをしみじみと実感することでしょう。

自宅での育児が始まって一週間ぐらい経つと、新生児はまとまった睡眠を取ってくれないため、お世話をするママ自身もとにかく寝不足で疲れ切ります。夜中眠いのに、泣き叫ぶ赤ちゃんを恨めしく思うことが何度もあるはずです。そばにいるパパが手伝ってくれればいいのですが、仕事があるから、お世話はママに任せっぱなしになってしまいます。

こんなときに、初めて子育て中に孤独感を一番感じてしまうのではないでしょうか。しかし、生後一か月も経つと赤ちゃんは夜まとめて眠ってくれるようになるため、ようやくママは初めて熟睡することができるので、一カ月目まではなんとか乗り切りましょう。

初めての微笑みで孤独感も吹っ飛びます

初めての微笑みで孤独感も吹っ飛びます

出産後一カ月目を過ぎる頃になると、赤ちゃんの表情にも変化が出てきます。それは、初めての微笑みです。一カ月目までは、おむつが濡れた時や、眠い時、お腹が空いたときなど、けたたましく泣くだけの赤ちゃんでしたが、なんと生後一か月目ぐらいから、赤ちゃんが微笑んでくれるのです。

子育て中に孤独感を感じていたママも、わが子の可愛らしい笑顔を見て、本当にうれしくなります。でも実はこの微笑みは、新生児微笑と呼ばれるもので、神経反射で筋肉が動くだけなのです。神経反射であっても、やはりこの笑顔が見られるのは、ママとして嬉しい限りです。これまでの育児の大変さや辛さも、孤独感もすべてどこかへ吹っ飛びますよ。

二番目の辛い山場はイヤイヤ期です

二番目の辛い山場はイヤイヤ期

子育て中に孤独感を感じるときは、やはり自分の思い描いていたような育児が出来ないときではないでしょうか。二歳を過ぎると、子供の自我が芽生えるため、いわゆるイヤイヤ期が来ます。専業主婦の場合、1人孤独にこのイヤイヤ期と戦っていかなければなりません。イヤイヤ期は、子供の個性によってものすごく差があります。

自己主張の強い子供だと、癇癪を起したり、暴れたりと、かなりママを困らせることでしょう。そんなとき、自分だけ子育てでこんなに大変な思いをしていると、孤独感を強く感じてしまうのではないでしょうか。

孤独感を感じたら外に出てみよう

子育てを1人、家庭の中で行っていると、やはりどうしても息が詰まってしまったり、孤独感を感じることもあります。そこで、地域の子育てサークルに参加してみたり、保健所の親子教室に参加してみるとよいでしょう。同じ立場の方が集まるので、子育て中の悩みなども相談できます。また家の中で子供と二人きりで過ごしていると息が詰まるので、公園にいくなどしてリフレッシュしてみるとよいでしょう。

PR